ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

intermax support rider

 

インターマックスのサポート体制は、シャトーダックス、ゲータレードを前身とし、ジロを制するなどで活躍した『ポルティ』の来日支援から始まりました。
現在も国内で活躍するロード、MTB、トライアスロン、文化的活動など、様々なジャンルの選手や企画に及んでいます。

 

レーシングドライバー、サイクリスト、登山家、チーム監督

片山右京

片山 右京


 2012年にUCIコンチネンタルチームとしてTeamUKYOサイクリングチームを発足。翌2013年には早くもJプロツアーの個人総合とチーム総合のチャンピオンを獲得して大躍進。片山右京さん自身、ロードバイクに乗り始めてから瞬く間に力を付けて、2008年には「エタップ・デュ・ツール」で日本人最高位(ツールマレー峠通過オタカムゴール)、2010年にはJCRCトップカテゴリーのSクラスで優勝という好成績を収められています。「Mt.富士ヒルクライム」では1時間7分台というタイムを記録して年代別で入賞。2011年には第4代 自転車名人に任命され、その年から2年連続で宇都宮ブリッツェンの選手として、ロード選手の誰もが憧れる「ジャパンカップ・クリテリウム」に出場しました。
 F1を降りても常にワールドワイドな目標を掲げ、「ダカールラリー」に出場しつつ同時期に登山でも6大陸最高峰制覇を達成、スーパーGTの監督を務めながら自転車でもトップクラスに挑むという驚異的なチャレンジを続けています。鈴鹿サーキットや富士スピードウェイでモータースポーツの解説をこなして、そのまま自転車で峠越えのトレーニングをしつつ帰宅するというエピソードも数多い片山右京さん。今後の動向にも目を離せません。
プロフィール詳細はこちらから。

スポーツコメンテーター、スポーツ評論家

中野 浩一さん

中野 浩一 

  • ヘルメット:MET
 自転車でテレビに登場する際に、METのヘルメットを愛用していただいています。前人未踏の『世界戦権10連覇』はあまりにも有名。

歌手、俳優、レーシングドライバー、チーム監督、サイクリスト

近藤真彦

近藤 真彦


 歌手、俳優、そしてレーシングチームの監督と、様々な方面で活躍される近藤真彦さん。トライアスロンや自転車の耐久レースへの出場経験も豊富で、多忙ながら大会に向けてのトレーニングは本気そのもの。近藤真彦さん自身が「全日本GT選手権」で2勝され、「ル・マン」に出場されるなど、レーサーとしても実績を積み上げられているだけに、その集中力はさすがです。片山右京さんなど自転車仲間の間では、懐かしのウインカー付き5段変速自転車を収集されていることでも有名。
 自転車の機材へのこだわりは相当なもので、空力に特化したトライアスロン用のバイクから軽量カーボンバイクまで、トップカテゴリーの考え方に基づいたものを用意されています。KONDO Racing Team 監督として、世界最速のツーリングカー選手権にチャレンジし続けているだけあって、カーボンパーツの空力や力学的な特性を直感的に見抜くことができるようです。

俳優、サイクリスト

鶴見辰吾

鶴見 辰吾

 ロードバイクに乗り始めてわずか1000kmの走行距離で、いきなり「ツアー・オブ・ジャパン」の東京ステージ・市民レースに出場されたのが鶴見辰吾さん。一般的にはヒルクライムレースや耐久レースから出場するのが普通ですが、最初から”ロードレース”なのですから大したものです。自転車乗りとしてのセンスは2005年の当初から抜群で、一気にロードバイク乗りとして有名になり、「笑っていいとも」のスタジオに自宅からロードバイクでやってきてそのまま出演。その後も「チューボーですよ!」や「熱中時間」など様々なメディアにロードバイクで登場され、2007年には早くも第2代「自転車名人」に任命されています。
 今中が一緒に参加して最も印象に残っているのは「しまなみアイランドライド」の鶴見さんの激走。ゴールまでの数十キロを、向かい風にも関わらず40km/h以上のスピードで延々と牽引し続けて、周囲がヘロヘロになってしましました。その後も自ら結成したLEGONで出場したツインリンクもてぎの耐久レースで優勝するなど、持ち前の努力と集中力で大活躍。ロケ先で若手俳優に3本ローラーにチャレンジさせるなど、話題にこと欠かない鶴見辰吾さん。本業で大忙しの状況でも時間を見つけてはロードバイクに乗られています。

お笑い芸人

団長安田

 

 自転車芸人として有名な安田大サーカスの団長安田さん。まだ100kmを走った経験がない頃に、結婚指輪を大阪から東京まで自転車で運ぶという大胆な計画を実行。鈴鹿峠で早くも脚がつったり、ハンガーノックになったり睡魔に襲われたりとハプニングが続出する中で、見事2日間で550kmを走りきり、さちさんへのプロポーズに成功。それ以来自転車に熱中して、ツール・ド・フランスの放送でゲストとしても登場。2012年にはとうとう宇都宮ブリッツェンの下部組織「ブラウ・ブリッツェン」の入団テストに合格。実業団選手登録するまでに至ったという自転車好き。
 坂バカとしても有名で、専門誌に「団長安田の安田大坂っす!!」という連載ページを持っていたほどの坂好き。自転車のイベントにも引っ張りだこで、会場はいつもにぎやかになっています。

ミュージシャン、タレント

シャ乱Q まこと

 自転車のメカに精通していることでも知られているシャ乱Qのまことさん。ファンライド誌の人気ページ「シャ乱Q まことのサイクルビート」は、すでに5年以上に渡り連載が続いていて、その内容はもはや専門ジャーナリストレベル。イベントのステージでは、今中を含めゲスト全員がタジタジになったこともあるほどです。
 ライブのリハーサルにロードバイクで現れて、そのままドラムを叩くこともあるというまことさん。「ツアー・オブ・ジャパン」の市民レースやツインリンクもてぎの耐久レースなどにも出場された経験があります。自転車に乗り始めてからは6%以下の体脂肪率を維持されているようで、国内屈指のヒルクライムイベントの「Mt.富士ヒルクライム」にはここ数年は連続で出場。奥様でフリーアナウンサーの富永 美樹さんと夫婦そろってイベントに参加されています。

フリーアナウンサー、タレント

富永 美樹

 夫のまことさんの影響で自転車に乗り始めた富永 美樹さんも、Mt.富士ヒルクライムにチャレンジされていて、ホノルルセンチュリーライドを単独で120kmを走りきるほど。TBSの「はなまるマーケッ ト」にレギュラー出演されていたほか、様々な番組やイベントの司会等で幅広く活躍されています。ツール・ド・フランスのDVDを見ながら、まことさんと夫 婦並んでローラー台トレーニングをすることもあるそうです。

レーシングドライバー

中山 友貴

中山 友貴

 2013年に無限CR-ZでスーパーGT300年間総合チャンピオンに輝いた中山友貴選手は、ロードバイクに乗る環境を求めて荒川サイクリングロードの近くに引っ越してしまうほどの自転車好き。中学生の頃にイタリアに渡った経験があるだけに、海外のレーシングドライバーがロードバイクに乗っていることを知っていて本人も乗り始めることに。レーシングドライバー界きっての体力の持ち主で、"きんにくん"という愛称で呼ばれるほど。今中とのトレーニングでは、そのバネのある筋力を活かして実業団レベルのダッシュ力を身に付けるほどに成長。2014年の春先には土井雪広選手の合宿に参加して一週間のメニューをこなした。
 もともとレーシングドライバーを養成する鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラを首席で卒業するほどの才能の持ち主で、F1に近いスーパーフォーミュラにも参戦中。何より努力することを惜しまない性格はロードレース向き。2013年にはJ SPORTSの「自転車のススメ」にレギュラー出演。ツール・ド・フランスライブ放送のゲストも務めている。

レーシングドライバー

金石 年弘

金石 年弘

 スーパーGT500のドライバーにして自転車好きの金石選手。2001年にドイツF3の年間総合チャンピオンとなり、フォーミュラ・ニッポンに参戦した年に日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞。スーパーGT500クラスでも過去に優勝していて、2013年は年間総合2位の表彰台に上がりました。トレーニングの一環として自転車に乗り始めてから、ロードバイクの魅力にはまり、インターマックスを起点に今中とトレーニングすることも。いきなり八ヶ岳を走ったり、甲府盆地のフルーツラインでハードに走り込んでも対応できるのはさすが。いつものトレーニングコースは荒川沿い。
金石選手がNSXコンセプトで走るスーパーGTは、凄まじい横Gと100kg前後の踏力を必要とするブレーキングの連続なので、テクニックや筋力はもちろんのこと持久力や精神力が大きなカギを握っています。F1をはじめ、プロドライバーがロードバイクを活用しているというエピソードはけっこう多いですね。

タレント、番組ナビゲーター

サッシャ

 ロードレースファンならJ SPORTSのサイクルロードレース実況でお馴染みのサッシャさんは、普段からロードバイクやクロスバイクに乗る自転車好き。J-WAVEのナビゲーターとしてもキャリアが長く、サマーソニックのような数万人のイベントを含め大小様々なイベントのMCを担当していて、都内を自転車で移動することも多いそうです。
 サイクルロードレースの実況では、ドイツ人選手や日本人選手が活躍すると熱が入りすぎて思わず絶叫することも。

俳優、ラジオパーソナリティ、番組企画プロデューサー

岡田 眞善

 幼少期から、叔父のE.H.エリックに教わったヨットの腕前は高く、1998年、ヨットのワールドカップ、日本代表チームメンバー選出、日本代表キャプテンとして、TEAM JAPANを世界第二位へと導き、クラスA(最大クラス)準優勝、日本ヨット史上、最高位成績を残し、日本ヨット界に貢献。
 大学を卒業し、一般企業に就職、アパレル企業の営業マンだったが、ラジオ業界へ出向、その後、正式に転身。制作会社社員となる。ラジオでは、FM番組以外にも、文化放送「キニナル!」において、自転車話も多く、自分の足で飛び回り取材し、切り込むスタイルを貫く。舞台は大学時代より出演し続け、海外の演出家からの評価も高い。
 2009年から宇都宮BLITZENラジオ番組を担当していて、それ以来すっかりロードバイク好きに。

モデル、日本マウンテンバイク協会公認インストラクター

REN(本名:小林廉)

 広告・CM・ファッションショーで活躍しているモデルのRENさん。「Mt.富士ヒルクライム」や「セルフ ディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝」などのレースにも出場していて、たびたび自転車専門誌に登場。その豊富な知識と経験は折り紙つきで、情報誌で はビギナー向けにアドバイスを寄せたり、プレスキャンプに参加するなどジャーナリストとしての一面も。自転車の専門誌では連載コーナーを担当していたこともあるという、自他共に認めるモデル界NO.1のサイクリスト。自転車好きのモデルで結成されたバイシクルナビ「CHARIMENS(チャリメンズ)」のリーダーとして活動しています。

タレント

山田 玲奈

 テレビやラジオの司会からドラマ・映画の出演まで、多彩な才能を発揮されている山田 玲奈さん。高校時代に陸上800mの選手だっただけあってスポーツ万能で、2008年からはトライアスロンにもデビュー。元々スイムとランは得意だったそうですが、自転車のトレーニングも本気そのもの。
 今中が埼玉の彩湖で偶然出会った時には、玲奈さんであることが分からなかったほどの全力ぶり。「Mt.富士ヒルクライム」への出場経験も豊富。ツール・ド・フランス中継ではゲストで登場することもあるほどの自転車好き。

TVナレーター、フリーアナウンサー

沼尾ひろ子

沼尾 ひろ子

 TVナレーターとしてTBSの「ブロードキャスター」「ひるおび」等で活躍され沼尾ひろ子さんは、ロードバイクを輪行してツーリングすることが趣味。「じてんしゃ 女子 ひとり旅」(枻出版)ちいうエッセイも執筆されています。ジャパンカップ開催地の宇都宮が出身地ということもあり、北関東で開催されるサイクリングイベントに出演されるほか、関東圏で放送される栃木発の旅番組などにレギュラー出演。自身の経験を活かして脳梗塞患者と家族のための自立支援の会を発足されるなど、精力的に活動されています。メディアプロデュース会社株式会社AXIS DO代表取締役。

女性サイクリングチーム

TEAM elephant

 さまざまなジャンルで活躍する女性達で結成された女性サイクリングチームです。健康的にエレガントに、誰でも楽しめる自転車を、広くアピールするために各地のイベントで活躍中!監督は元F1ドライバーの片山右京さん。リーダーの西村益美さんを中心に、タレントの北川えりさんなど10人ほどのメンバーで構成されています。

イラストレーター

小河原 政男

 自転車界では有名なイラストレーターの小河原さん。毎年のようにツール・ド・フランスを自転車に跨って取材していて、雑誌の特集号ではイラスト入りのリポートが大人気。 臨場感のある作品は、現場を肌で感じる小河原さんならでは。
作品ほか写真はこちらから。

自動車ジャーナリスト

河口 まなぶ

 自動車ジャーナリストであり、ドライビングレッスンインストラクターの河口まなぶさん。 河口さんの綴られるインプレッションのわかりやすさには定評があり、自動車専門誌を中心に一般誌やwebに多数寄稿されており、RJCカーオブザイヤー選考委員にも選ばれています。「走って気持ちよくなければクルマじゃない」を信条にされているだけあって、車歴はポルシェ911やホンダNSX-R等スポーツカーばかり。そんな河口さんが最初に選んだロードバイクもコンペティションな乗り味が持ち前のインターマックス。自転車でもレーシーな走りを楽しんでおられます。フェイスブック上のコミュニティ「大人の自転車部」を主宰。

 

 

PAGE TOP