ガレージから始まった【RITCHEY SPIRIT】

リッチーの歴史は創業者のトム・リッチーが高校生の時に自宅のガレージで、強度を犠牲にしない軽量自転車を制作したことから始まりました。
その後、自転車のコンポーネントの制作やMTBの創成期をリードするなど、フレーム制作以外に精力的に力を注いできました。
しかし原点となる、機能的で軽量かつ信頼できる製品づくりというリッチースピリットはフレーム作りに脈々と受け継がれています。2009年にはカデル・エヴァンスがリッチーコンポーネントを使用し世界選手権を優勝するなど、UCIトッププロへの供給も積極的に行っています。
今日ではグラベルロードやアドベンチャーバイクを積極的にリリースし、自転車界のカリスマであるダスティン・クラインも愛用するなど、リッチーバイシクルがあこがれの存在として脚光を浴びています。