外観からは想像できない、驚きの保冷力

1994年にアメリカ、コロラド州ボルダーのガレージから産声を上げたブランドです。
熱心なサイクリストだった創業者ロベルト・ヘイバーガーは、ロングライド中にドリンクの温度が上がってしまう事に不満を感じ、保冷(保温)ボトルの開発を開始。
彼は医療技術設計の技術者であった経歴を活かし、再生可能なプラスチックボディに絶縁フィルムを挟み込む二重構造を発案し、世界各国で販売されるインシュレーテッドボトルのリーディングカンパニーとなりました。