Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, Lightweight, SCI-CON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, NORTH WAVE
日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

latest 2009 2008 2007 2006 2005
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 
InterMax NEWS
 2009 5月

 

▼2009.5.30
Race
ジロ・デ・イタリアはゴールのローマへ

▼2009.5.22
Web
CYCLO CHANNELプレゼントキャンペーン!
Race
TOJはツール総合19位の実績のあるフォフォノフがトップで後半戦へ
Event
今中大介もエタップ・デュ・ツールに参加

▼2009.5.21
On the Air
NHK BS1で石垣島ワールドカップ 本日
POLAR
数量限定のPOLAR「プロチームエディション」

▼2009.5.20
Books
デビューウィンを果した宇都宮ブリッツェンの記事
Books
”ドロップハンドル完全使いこなし”
Race
日本人出場への期待が高まるツール・ド・フランス

▼2009.5.19
Campaign
大変お得なFSAクランク交換キャンペーン開催!

▼2009.5.15
Race
”TOUR OF JAPAN”開幕 大阪~東京

▼2009.5.13
News
YAHOO!ニュース 〈片山右京がF1級のロードバイクで勝負!〉
On the Air
J SPORTSでジロ・デ・イタリアLIVE放送中!

▼2009.5.11
InterMax
オールラウンドモデルに進化!
NorthWave
季節限定アイテムが少量入荷!

▼2009.5.8
Race
リクィガスのバッソやクルイジガーがジロを前に活躍
Support Rider
CORSA ITALIA EVOLUTION 特別カラーを納車
Event
COP15 サイクリングツアー 5/11(月)まで申し込み受付
Support Rider
METサポートの井出 樹里、世界トップ常連の戦い

▼2009.5.1
PROLOGO
イタリアから”Prologo News”

 





▼2009.5.30
ジロ・デ・イタリアはゴールのローマへ

J SPORTS

 



 映画に出てきそうな断崖とコバルトブルーの海、そしていかにも南国風の白いパラソルが開いたレストラン。そんな風光明媚な海岸線を走った第19ステージは、ブーツに例えられるイタリアの足首部分のヴェズヴィオ火山へ向かう頂上ゴールでした。最後の山岳ステージだけに、熾烈を極める戦いが繰り広げられた結果、昨年のツール総合優勝のサストレが驚異的な登坂力で、区間2勝目となる単独ゴールを決めて、総合首位のメンショフとの差を50秒短縮。2分40秒差の総合3位に浮上しています。
 総合2位を維持しているディルーカも、渾身の走りでメンショフとの差を縮めて18秒差まで迫ってきて、勝負の行方は最終日のローマでのタイムトライアルまでもつれ込むことになりました。いかにタイムトライアルが得意なメンショフでも、心理的な余裕は少なくなってきましたね。   

本日のJ SPORTSのライブ放送のゲストは片山右京さん

 NHKの番組収録のためにジロを取材した片山右京さんが、ナポリをスタートする第20ステージの放送のゲストに登場します。第5ステージではバルロワールドのチームメンバーと一緒にステージに上がり、主催者の求めに応じてスタートサインをしたという右京さん、ジロの興奮を存分に語っていただきます。解説は今中大介が担当します。



自転車の話題満載の片山 右京さんのダイアリー
http://ukyo-katayama.cocolog-nifty.com


最終日第21ステージのタイムトライアルはローマ名所めぐりのコース

 2000年以上前の遺跡が随所に存在するローマ。最終日第21ステージのタイムトライアルは、コロッセオ、フォロロマーノ、スペイン広場、ヴァティカン、ヴェネツィア広場、真実の口を順に巡っていくコース設定がされていて見所いっぱいです。100周年にちなんでいつものミラノを離れて、ローマの中心を巡るタイムトライアルを制するのは誰なのか、総合優勝の行くへはいかに。最後まで目が離せません。今中がこの最終日も解説を担当します。どうぞお楽しみに!
 
J SPORTS STYLEのWebサイト
http://www.jsports.co.jp




▼2009.5.22
CYCLO CHANNELプレゼントキャンペーン!

InterMax Quattoro

 現在開催中のツアー・オブ・ジャパン(TOJ)の動画を無料で見ることができるのが”シクロチャンネル”。長年NHKの世界選手権大会やトラックワールドカップ、TOJなどの番組を制作しているシクロイマージュならではのクォリティーで、自転車関連の様々な動画を提供しています。
 そのシクロチャンネルが今回のTOJ開催を記念してプレゼントキャンペーンを実施。その1等賞品は何とカーボンロードバイクのInterMax Quattoroです!

 

詳しくはシクロチャンネルのWebサイトへ
https://www.cycloch.net



 


TOJはツール総合19位の実績のあるフォフォノフがトップで後半戦へ

13th TOUR OF JAPAN

 

 

 


放送席から写した2009TOJのスタート 仁徳陵前

 ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)は南信州ステージまでの4ステージまでの激闘を終えて、カザフスタンナショナルチームのフォフォノフが個人総合時間でジャンプアップを遂げてリーダージャージを着用しています。昨年のドーフィネ・リベレの第7ステージで優勝し、ツール・ド・フランスでも総合19位でフィニッシュした経験のあるベテラン選手だけに本当に強いですね。

 後半戦の山場は5/22(金)の富士山ステージです。標高差1200m、距離11.4kmというこの富士あざみラインのヒルクライムは、平均勾配が10%を超え、最大勾配22%という激坂!現在ジロ・デ・イタリアに出場しているF.マシャレッリ(アクアサポーネ)やオーガスティン(バルロワールド)が過去にはこのステージで優勝していますが、2位以下に1分以上の差が生じることもあり、絶対に落とせないステージ。
 現在総合2位のパルディーヤ(カルミオ・Aスタイル)が僅差の9秒差で逆転可能。総合3位のイグリンスキーは、2007年のTOJで総合2位になった実力(富士山ステージは2分24秒遅れの4位でしたが)を持っていて、同チームのフォフォノフとしても心強い存在です。日本人トップの清水都貴選手(EQA・梅丹本舗)も、1分28秒差の総合7位につけていて、表彰台を狙える圏内。のぼりに強い狩野選手(シマノレーシング)と長沼選手(宇都宮ブリッツェン)の戦いにも注目です。さて、誰が最後の東京ステージで個人総合優勝を勝ち取るのか、後半も目が離せない戦いが続きます。

5/23(土) 第6ステージ(修善寺)では試乗会も同時開催

 実質的な決戦の場となる修善寺ステージは、脱落者が次々に出るサバイバルレースになるため、熱狂的なレースファンが集まることで有名ですが、今年は主要メーカーが試乗会も開催します。

5/24(日) 第7ステージ(東京)では今中が解説やセミナーを担当します

先に行われた大阪ステージでの今中大介ライディングセミナー

 一週間の戦いのフィナーレをむかえる感動の東京ステージでは、実況の白戸太郎氏と今中大介が会場&東京MXテレビの解説を担当。またゴール会場となる大井ふ頭では、今中がライディングセミナーを開催します。インターマックスブースでは最新のロードバイクを始め、エタップを走った片山右京さんのロードバイクなども展示しますので、会場にお越しの皆さんはぜひお立ち寄り下さい。

  

 

〈今中大介のライディングセミナー〉
〈テレビ放送予定〉
  11:15から30分間  (インターマックスブース前)
東京MXテレビ    5/24(日) 12:30~14:30 ライブ放送
NHK衛星第1(BS1) 6月13日(土)  15:10~17:00 6月18日(木) 19:10~21:00
BS-TBS        6月22,29日(月) 23:30~23:50
*番組の放送時間は変更の可能性もありますので、オフィシャルホームページ等でご確認下さい。

2009ツアー・オブ・ジャパンWebサイト
http://www.toj.co.jp




今中大介もエタップ・デュ・ツールに参加

エタップ・デュ・ツール 約9000人が走る市民レース”エタップ・デュ・ツール”に、今中大介が出場することになりました。このレースはツール・ド・フランスの山岳区間の1ステージを走るもので、今年は第20ステージのモン・ヴァントゥー頂上ゴールが舞台。今中はエタップ専門のツアーに一般参加の皆さんと一緒に加わっての出場です。ちなみに昨年は片山右京さんが日本人トップの284位でゴールしています。

 

 今月末の5/31がツアーの締切りのようですので、参加を検討している人はお早めに!

 *J SPORTSのツール解説も、参戦ツアーの前後で担当します。7月はツール・ド・フランス一色です。

ASO公認のエタップ・デュ・ツール参戦ツアー
http://www.kokusaikogyo.co.jp
関連サイト サイクルスタイル ドット ネット
http://www.cyclestyle.net




▼2009.5.21
NHK BS1で石垣島ワールドカップ 本日 

井出 樹里選手

 井出 樹里選手(トーシンパートナーズ チームケンズ)が優勝して日本人初の快挙となったトライアスロン・ワールドカップ石垣島大会を、NHK BS1で放送します。昨年の北京オリンピックで5位に入り、世界トップクラスの結果を連発している井出選手の見事な戦いぶりはもちろんのこと、地元日本のワールドカップならではの、国内選手達の気迫のレースも見もの。

チャンネル :NHK BS1
放送日   :5/21(木)
放送時間 :PM6:10~PM7:00


山本 良介選手

 

 

 

 

 

METヘルメットは、国内トップに君臨するトライアスリートたちをサポートしています

 〈METサポート選手の成績〉
 
  エリート女子

  1位
3位
6位
12位
14位
 井出 樹里
 庭田 清美
 上田 藍    
 足立 真梨子
 土橋 茜子

  エリート男子

  16位
17位
22位
 山本 良介
 細田 雄一
 福井 英郎

NHK BSオンライン
http://www.nhk.or.jp
InterMaxサポートページ "トライアスロン"
http://www.intermax.co.jp/news

 



 


数量限定のPOLAR「プロチームエディション」

POLAR RS800CX  クイックステップやラボバンクをはじめ計8チームものプロツアーチームをサポートしているPOLARから、RS800CX(BIKE)の限定モデル「プロチームエディション」が数量限定発売されます。
 「プロチームエディション」は精悍なブラックバージョンになり、オプションのケイデンスセンサー(7,770円)が付属してお値段はそのまま(65,100円)のお買い得なモデルとなっています。
 数量限定にて6月上旬より全国の特約店にて発売開始となります。

 


InterMax 製品情報ページ




▼2009.5.20
デビューウィンを果した宇都宮ブリッツェンの記事

サイクルスポーツ6月号

 本日発売のサイクルスポーツ6月号に、Jサイクルツアー第1戦東日本サイクルロードレース(群馬CSC)で優勝した宇都宮ブリッツェンの記事が登場しています。
 新生チームだけに、このデビュー戦を前にして2~3週間前からナーバスになっていたという宇都宮ブリッツェンでしたが、序盤の逃げから終盤の勝負どころまでレースを完璧にコントロールして、最終周回の心臓破りの坂で長沼 隆行選手がアタック。見事なデビューウィンを飾っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアのKUOTA、MET、NWは宇都宮BLITZENをサポート しています

サイクルスポーツのWebサイト
http://www.cyclesports.jp
BLITZENプロサイクリングチームのWebサイト
http://www.blitzen.co.jp
BLITZENデビューウィン サイクリングタイムの記事
http://www.cyclingtime.com
BLITZENデビューウィン シクロワイアードの記事
http://www.cyclowired.jp



 


”ドロップハンドル完全使いこなし”

ファンライド6月号

 同じく本日20日に発売されるファンライド6月号は、ドロップハンドルの使いこなしテクニックに注目!今中大介も下ハンドルのスプリントのコーナーを担当しています。「ロードバイクに乗っているけど下ハンを握ったことがないという人もいるでしょうが、せっかくですからこれを機会にフル活用してみましょう。体がきついと感じる人も、頑張っていれば体幹の筋肉がしっかり付いて、使いきれるようになれます。苦手意識を持たずにチャレンジして慣れることが大事なんですよ。」と今中。

 

 


特別企画 ツール・ド・フランスを走るロードバイク

 今開催中のジロ・デ・イタリアも中盤に差し掛かり、総合争いに緊迫感が出てきていますが、それが終わるといよいよロードファン待望のツール・ド・フランスの話題が出はじめます。普段は与えられたモノを使いこなすのがプロですが、ツールは人生をかけた戦いであるだけに、選手からの機材への要求も高く、メーカーも最高のモノを供給できるように努力しています。
 昨年、積極果敢なアタックを繰り広げたアグリチュベルを、今年も強力にバックアップするのがクォータ。チームが好んで使用する”KOM”は、King Of Mountainの略で、その名が示すとおり山岳に適した軽量モデルですが、彼らの果敢なアタックが物語るように平坦の加速力も抜群。BLIZENが使用するKEBELと共に、クォータのカーボンテクノロジーを如何なく発揮したロードフレームです。

 


METがサポートするタレント、北川えりさんが登場

 ホノルルセンチュリーライドから国内の耐久レースまで、様々なイベントに参加しているタレントの北川えりさんが、巻頭ぺージでフィーチャーされています。教習所の教官を務めていた彼女は、ありとあらゆる免許を持っているという芸能界では異色の存在。女性チームの”チーム・エレファント”の一員として自転車界を盛り上げています。

 北川えりさんが最近使っているヘルメット:エストロXC マットブラック


 

TEAM elephantのWeb
http://ameblo.jp/team-elephant

《TEAM elephantに関するページ》
InterMaxサポートページTEAM elephant
http://www.intermax.co.jp/news

 

NEWシマノ・アルテグラをX-LIGHTでテスト

 トップグレードのデュラエース同様に”内臓シフトワイヤー”、”カーボン製デュアルシフトレバー”、”ホローテックIIクランク”などの新技術が採用されたNEWアルテグラ。そのインプレッションバイクにX-LIGHTが使われています。フレーム単体重量が950gと軽量でありながらコストパフォーマンスが高いX-LIGHTなら、NEWアルテグラとの組み合わせで充分に軽いバイクに仕上がります。

 

 

 


付録『ヒルクライムSPEC』

 ファンライド6月号は、ヒルクライムシーズンの到来に際して、『ヒルクライムSPEC』と題した冊子が付録しています。ここではインターマックスお薦めのSESTRIEREやスピナジー・ゼロライト、カステリ・スーパーレジェーラFZが登場しています。

ファンライドのWebサイト
http://funride.jp

 

 



 


日本人出場への期待が高まるツール・ド・フランス

バイシクルクラブ6月号

 ちまたでは早くもツールの話題が出始めていますが、現段階での最大の注目は”日本人の出場”でしょう!すでにサイクリングタイムやシクロワイアードなどで発表されているように、スキル・シマノ所属の別府 史之選手の出場の可能性が高くなってきました。バイシクルクラブ6月号では、彼の春のクラシックレースの戦いぶりを追った記事や、本人のツール出場への意気込みに関するインタビューを掲載!「ツール出場は、もう”夢”ではなく”目標”。必ずチャンスを掴みます」という言葉が何とも頼もしいですね。

 

 

 また、アムステルゴールドレースで序盤から200kmものエスケープを演じた新城 幸也選手(ブイグテレコム)も、ダンケルクで総合9位(新人賞3位)という好成績を収めて、ツール出場への期待が急上昇!「もはやフランス人だけの布陣にこだわるより、上り調子で特別な存在感がある日本人の新城君を出した方が、ブイグテレコムにとってもいいよね。ステージ優勝狙いのチームだし。あとはここ1ヶ月のコンディショニングを上手にこなすこと」と、今中大介も大いに期待しています。

 

 

 

バイシクルクラブのTEST!TEST!は、6月上旬に登場の”METシンセシス”

 その圧倒的な通気性で、極限のクーリング性能を実現しているMETシンセシス。バイシクルクラブのTEST!TEST!TEST!のコーナーでは、その斬新なリブ構造と実用的なジェルパッドなどが高い評価を受け、「他のヘルメットが古めかしいデザインに感じる」という声も・・・。入荷が遅れ気味で、早く入手したいという方にはご迷惑をお掛けしていますが、6月上旬には入荷予定ですので、もうしばらくお待ち下さい。


枻(エイ)出版のWebサイト
http://www.ei-publishing.co.jp





▼2009.5.19
大変お得なFSAクランク交換キャンペーン開催!

 リクィガス、クイックステップ、ブイグテレコム、サクソバンクなどのプロツアーチームをサポートする「FSA」から大変
お得なクランク交換キャンペーンのお知らせです。
 今お使いのクランクを下記クーポンにご記入頂き、販売店に持参するだけでFSAのカーボンクランクセット(2モデル)が、驚きのプライスでお買い求め頂けるチャンスです。

 

 

 

キャンペーン対象モデル
 「K-Forceライト MegaExo Compact」 通常価格101,900円が → キャンペーンプライス73,500円
 「SL-Kライト MegaExo Compact」 通常価格 69,630円が → キャンペーンプライス47,250円

絶対に見逃せないチャンスですので是非この機会をお見逃し無く!
キャンペーンは2009年8月20日までとなります。

 キャンペーンをご利用してクランクを購入される場合は「こちらの用紙(PDF)」をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、全国の特約店への注文をお願い致します。




▼2009.5.15
”TOUR OF JAPAN”開幕 大阪~東京

13th TOUR OF JAPAN 今年で13回目を迎えるツアー・オブ・ジャパンが、5/17の大阪ステージを皮切りに開幕します。サンマリノを拠点とするアミーカチップスを始めとして、海外勢はイタリアやオーストラリア、カザフスタン、韓国などの海外勢7チームが参加。国内チームは、EQA・梅丹本舗やシマノレーシング、愛三工業国内チーム、それにJサイクルツアーの初戦でデビューウィンを成し遂げた宇都宮ブリッツェンなど9チームが出場します。
 今回初採用の仁徳天皇陵前を周回する”大阪ステージ”をスタートすると、翌日は東大寺大仏殿からパレードがはじまる”奈良ステージ”、以後”美濃ステージ”、”南信州ステージ”、”富士山ステージ”、”伊豆ステージ”と続き、最後は大観衆が迎える”東京ステージ”にゴールします。さあ、激戦を制して誰が名誉ある個人総合トップに輝くのか、どうぞお楽しみに!

東京MXテレビ、NHK BSで放送

 大阪と東京では、今中が会場内で解説を担当するほか、東京ステージは東京MXテレビでLIVE放送を行います。NHK BSではTOUR OF JAPANの特集番組も予定されていますので、どうぞご期待下さい。

TOUR OF JAPAN
http://www.toj.co.jp



 


▼2009.5.13
YAHOO!ニュース 〈片山右京がF1級のロードバイクで勝負!〉

 今日のYAHOO!ニュースに、ホワイトのCORSA ITALIA EVOLUTIONに乗る片山右京さんのニュースが掲載されました。現在、右京さんは番組収録のためにジロ・デ・イタリアの現地に入っており、このバイクで2239mのポルドイ峠にもチャレンジする予定です。自身が宇都BLITZENのアドバイザーでありながら、逆にチームから選手としてのオファーが来そうなくらい実力をつけていて、今では体脂肪率6%というロード体型を維持している右京さん。〈片山 右京ダイアリー〉には続々と自転車の話題がアップされています!
 

 

YAHOO!ニュース<片山右京がF1級のロードバイクで勝負!>
http://headlines.yahoo.co.jp

ニュースを配信したCycleStyle.net
http://www.cyclestyle.net/news
自転車の話題満載の片山 右京さんのダイアリー
http://ukyo-katayama.cocolog-nifty.com
ツールの難関コースで片山右京さんが脅威の284位!
http://www.intermax.co.jp/news




J SPORTSでジロ・デ・イタリアLIVE放送中!

J SPORTS

 



BICISPORTより
 スタートから驚きの連続の100周年ジロ・デ・イタリア。ペタッキ(LPRブレイクス)がカベンディッシュ(チーム コロンビア)を撃破して2ステージ連続優勝を飾り、初の山岳ステージとなった昨日の第4ステージでディルーカ(LPRブレイクス)が渾身の勝利をものにするなど、毎日目が離せない展開が繰り広げられています。
 マリアローザに関しても、現地で有力視されているバッソ(リクィガス)も、3度目の獲得に向けて順調にステージをこなしている様子。またバッソ同様に、イタリア母国ならではの戦いを見せるシモーニ(セッラメンティPVC)やディルーカ、クネゴ(ランプレ)達に対して、メンショフ(ラボバンク)やサストレ(サーヴェロ テストチーム)達がどのように挑んでくるのかも見ものです。今日の第5ステージは今中が解説を担当、国内のステージレースTOJをはさんで、ローマゴールに向けての終盤2ステージも担当します。ジロの現場に向かっている片山右京さんも、帰国後にゲスト出演予定です。    

J SPORTS STYLEのWebサイト
http://www.jsports.co.jp
サイクリングタイムのWebサイト
http://www.cyclingtime.com
シクロワイアードのWebサイト
http://www.cyclowired.jp




▼2009.5.11
オールラウンドモデルに進化!

振動吸収性をプラスしてオールラウンドモデルに進化!
ロードレーサーらしいキビキビとした走行性能は犠牲にせず、振動吸収性をプラスしてあらゆる場面で高性能を発揮するモデルに変化を遂げた「X-LIGHT」。
グラフィックも一新した「X-LIGHT」は、ヒルクライムからロングライドまで高次元の走りを約束する軽快な一台です。

 


季節限定アイテムが少量入荷!

これからのシーズンに活躍するSPDクリート対応のNW「シャーク」ベルクロサンダルが少量入荷しています。
お近くのNW販売店はこちらのInterMax特約店リストより検索が可能です。

 

 


InterMax 製品情報ページ




▼2009.5.8
リクィガスのバッソやクルイジガーがジロを前に活躍

 今週末、いよいよ記念すべき100周年のジロ・デ・イタリアが開幕します。それを前に、ドロミテが存在するイタリアのトレンティーノ地方の山岳ステージレース”ジロ・デル・トレンティーノ”で、イヴァン・バッソが総合優勝。スイスのステージレース”ツール・ド・ロマンディ”で、ロマン・クルイジガーが総合優勝するなど、リクィガスが活躍してグランツールへ向けての調整レースを順調にこなしている様子が伺えます。
 トッププロレベルになると、こうした1週間のステージレースを隔週で走り、超回復を繰り返しながらコンディションを上げていきますが、尻上がりに結果を出しているのは、それが功を奏している証拠。チームによって個人総合狙いか、ステージ狙いなのか、戦い方の方向性は違ってきますがリクィガスは、もちろんバッソをエースとした個人総合狙いで臨みます。

BICISPORTより

リクィガスチームは、極限のクーリング性能を追求したMETシンセシスを使用しています。

《ジロ・デ・イタリア情報》
サイクリングタイムのWebサイト
http://www.cyclingtime.com
シクロワイアードのWebサイト
http://www.cyclowired.jp




CORSA ITALIA EVOLUTION 特別カラーを納車

片山右京さん

 インターマックスでは世界で自分だけの1台がオーダーメイドできる車種が存在します。今回ご紹介するのは片山右京さん用に作られたホワイト&カーボンのCORSA ITALIA EVOLUTION
 5/6に片山右京さんのブログに画像がアップされていますので、興味がある方はぜひご覧下さい。なかなかカッコよく仕上がっていますよ。番組取材でジロ・デ・イタリアに向かう右京さんは、このロードバイクを現地に持ち込んで、ドロミテの峠にも挑むそうです。


自転車の話題満載の片山 右京さんのダイアリー
http://ukyo-katayama.cocolog-nifty.com




COP15 サイクリングツアー 5/11(月)まで申し込み受付

 地球温暖化防止京都会議からバトンを渡されるかたちで、今年の12月にコペンハーゲンで第15回締約国会議(COP)が開催されます。その会議に関心を持っていただくことを目的に、”COP15 サイクリングツアー”と題して在日デンマーク大使が中心となったサイクリングが行われます。5/23(土)に東京を舞台にスタートし、北は北海道、南は九州の宮崎までの9地域を予定、参加はスポーツバイクに限らず自転車ならOKです。
 このイベントを通じて、みなさんが地球のこと、温暖化のことに関してより深く考える機会になれば良いですね。今中もCOP15 サイクリングツアーにコメントを寄せています。

COP15 サイクリングツアー
http://www.cop15.jp




METサポートの井出 樹里、世界トップ常連の戦い

 連休前のニュースで、ワールドカップ石垣島大会で優勝した井出 樹里選手(トーシンパートナーズ チームケンズ)の戦いを伝えましたが、その1週間後のトンヨン大会(韓国)でも、オーストラリア勢に続いて3位に入っています。昨年の北京オリンピック5位の実力はさすがですね。この他、庭田 清美選手(アシックス・ザバス)が6位、足立真梨子選手(トーシンパートナーズ チームケンズ)が11位と大健闘しまています。

 



ITUワールドカップ トンヨン大会(韓国) 結果

 エリート女子

  1位
2位
3位
6位
11位
 Snowsill Emma
 Moffatt Emma
 井出 樹里
 庭田 清美
 足立 真梨子
AUS
AUS
JPN
JPN
JPN
02:02:42
02:02:51
02:03:31
02:03:57
02:04:31

 

 エリート男子

  1位
2位
3位
29位
32位
41位
 Docherty Bevan
 Kahlefeldt Brad
 Polyansky Dmitry
 山本 良介   
 細田 雄一
 福井 英郎
NZL
AUS
RUS
JPN
JPN
JPN
01:50:25
01:50:25
01:50:29
01:52:29
01:52:53
01:53:41

 *ブルーの文字の選手がMETサポート選手

InterMaxサポートページ”トライアスロン”
http://www.intermax.co.jp/news
日本トライアスロン連合 Webサイト
http://www.jtu.or.jp
井出樹里選手所属 トーシンパートナーズ Team Ken's Webサイト
http://www.teamkens.co.jp
庭田 清美選手のWebサイト
http://niwata-kiyomi.seesaa.net
山本 良介選手のブログ
http://blog.livedoor.jp
細田 雄一選手のブログ
http://blog.goo.ne.jp
福井 英郎選手のWebサイト
http://www.try291.com





▼2009.5.1
イタリアから”Prologo News”

 春のクラシックに関するニュースがプロロゴから届きました。リエージュ~バストーニュ~リエージュでスクラッチ Proを使っているアンディー・シュレックが優勝したニュースは、すでにお伝えした通りですが、アムステル ゴールドレースで優勝したセルゲイ・イワノフもプロロゴを使用するなど、活躍するトッププロの使用率が高いことが、このニュースによって伝えられています。

 

 


 
Previous | Next