InterMax
 
InterMax NEWS
Catalog
Gallely
about InterMax
2010 2009 2008 2007 2006 2005
2004 2003 2002 2001 2000 1999
PickUp Item EVENT Support Rider BOOKS    
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009EuroBike 2008CycleMode 2008EuroBike 2007CycleMode 2007EuroBike

  InterMax News 200911月


▼2009.11.25
『サイクルモード2009』大阪&東京で開催!

サイクルモード





昨年のサイクルモード《インターマックスブース》
 日本最大級の自転車エンターテイメントショー『サイクルモードインターナショナル2009』が、今週末のインテックス大阪を皮切りに大阪と東京で開催されます。
 規模が拡大したインターマックスブースでは、2010年の最新のカーボンロードバイクはもちろんのこと、ユーロバイクで注目を集め国内導入が決定したパーツやウェアなども豊富に展示。トークステージも設営して充実の内容で、自転車好きの皆さまをお迎えします。



  50台を超える自転車を一挙に展示
  『2010InterMax総合カタログ』を配布します!


2010InterMax総合カタログ インターマックスブースでは、InterMax、Dedacciai、KUOTAの最新のカーボンロードモデルを中心に、試乗車を合わせて約60台の自転車を展示予定。新登場の自転車《im(アイム)》や《METヘルメット》、《NWシューズ&ウェア》、《カステリウェア》、といった注目のアイテムもじっくりとご覧いただくことができます。異次元の軽さと走りを実現した《ライトウエイトホイール》など、興味のある商品を自分の目で確かめたいという方には、絶対に見逃せないチャンスです。
 全48ページで選りすぐりの商品を紹介する『2010InterMax総合カタログ』を無料配布しますので、どうぞブースにお立ち寄り下さい。

 ブース内にステージを設置し、今中がゲストを迎えてトークショーを開催します

 今中大介が連日さまざまなゲストを迎え、インターマックスブースでトークショーを開催。大阪では、ツールの最終ステージで敢闘賞を獲得した別府史之選手が駆けつけるほか、東京では別府匠選手も加わっての”別府兄弟スペシャルトークショー”も予定。JSPORTSの放送でおなじみの栗村修さんやサッシャさん、2代目自転車名人の鶴見辰吾さん、安田団長、ブリッツェンの廣瀬佳正選手を筆頭にした主力メンバーなどの皆さんが登場して、軽快なトークを繰り広げます。どうぞお楽しみに!

    時間が確定しているインターマックス内のトークショー(25日現在)
     大阪 11/28(土) 13:00〜 ゲスト:栗村修さん
     大阪 11/28(土) 14:00〜 ゲスト:絹代さん
     大阪 11/29(日) 12:10〜 ゲスト:団長 安田さん
     *別府史之選手のトークショーは、東京での開催となりました。

    *詳しくは、インターマックスブースに設置する”今中大介トークイベント案内ボード”をご確認下さい。
      インターマックスブース内のステージは、サイクルモードメインステージの向かい側になります。
      東京のスケジュールもこのニュースページにアップします。
    *また、主催者メインステージでは、ツール出場経験者3人による『ドリームトークショー』を開催します。
     どうぞ下記のオフィシャルWebサイトでチェックしてください。
 
 CYCLEMODEinternational2009

  11/28(土)29(日)  インテックス大阪 28(土)29(日) 10:00-17:00
  12/11(金)-13(日) 幕張メッセ 11(金) 13:00-21:00 (ナイター開催)
  12(土) 10:00-18:00
  13(日)  10:00-17:00
                           
CYCLEMODEinternational2009 Webサイト
http://www.cyclemode.net
CYCLEMODE2008”インターマックス”
http://www.intermax.co.jp/news




『2010InterMax総合カタログ』、『im(アイム)カタログ』が出来ました

  インターマックスの全ての商品ラインナップを紹介した『2010InterMax総合カタログ』(48ページ)と、新たなコンセプトで生まれた“im”を紹介した『imカタログ』(4ページ)をサイクルモードの会場で配布致します。

2010InterMax総合カタログ

 

 

 

 





 

 

im(アイム)カタログ








郵送をご希望の方は、270円分の切手を同封の上、弊社カタログ係あてにご請求下さい。

 〒400-0075
 山梨県甲府市山宮町3049-2
 株式会社インターマックス
 カタログ係




専門誌でも高い評価KUOTA カルマアルテグラ 登場!

2010年注目モデル カルマアルテグラ 299,800円 (完成車)
  世界各国で高い評価を受けているカルマ105に、アルテグラをフルアッセンブルしたカルマアルテグラが登場!性能、デザインともにバージョンアップして、30万円を切る価格です。コストパーフォーマンも魅力的な2010年注目の1台です。
 カルマレディ(259,800円)も新たに加わり、カルマシリーズは3タイプからチョイス可能。各モデルXXS(465)サイズも新たに加わり、小柄なレディースライダーにもお薦めです。





カルマレディ 259,800円(完成車)
カルマ105 259,800円 (完成車)

 

 

 




グランツールでの勝利が実証したポテンシャル。 DedacciaiSTRADA日本上陸!

DedacciaiSTRADA SCURO RS(スクーロRS) 298,000円(フレームセット)
 ユーロバイクレポートでもご紹介しているDedacciaiSTRADAブランドが、2010年いよいよ日本上陸!すでにヨーロッパでは、グランツールでステージ優勝を挙げ、その高性能を実証しています。
 各モデル共通してレーシーな仕上がりとなっていますが、その中でもSCURO RSは、加速性能と、振動吸収性のバランスが売りで、あらゆる速度域でライダーのパワーを引き出してくれるフレームです。ホビーレーサーからプロライダーまで満足させてくれる1台です。

 




コルサイタリアエボリューションにNEWカラー登場!

CORSA ITALIA EVOLUTION 398,000円 (フレームセット)
 イタリア職人のハンドメイドで生み出される、オートクレーブの最上級モデル コルサイタリアエボリューションにNEWカラーが追加!
 このホワイトカラーは、片山右京さんの為にワンオフで作ったカラーでしたが、「夢の聖地へ」などの番組の放送後に、多くの問い合わせを頂き、2010年モデルとして市販化することに決定しました。
 マスキング処理で見せるカーボン生地のロゴなどイタリアの職人がこだわって作るフレームです。もちろんモード会場にも展示しますので、じっくりとご覧下さい。

 




スポーツマインドを味わえるInterMaxSPORTS

TAGRA&イタリアンパーツをアッセンブル RAYS 118,000円(完成車)
 運動性能にこだわりを持ち、上級モデルの設計思想を受け継ぐRAYS。2010年はがカラーリングを一新し、価格を抑えて登場します。
 メインコンポはTIAGRA。サドルにプロロゴ、クランクやハンドル&ステム、シートピラーにはFSAと、イタリアンブランドで統一。 ロードバイクの性能を左右するフレームにとことんこだわりつつ、抜群のコストパフォーマンスを実現したRAYSは、最初の一台としても最良の選択となるでしょう。


信頼のSHIMANO SORAを搭載 AQUA 82,000円(完成車)

 「誰が乗っても快いBIKE」というコンセプトのもとに作られたクロスバイクがAQUAです。ロードのSPEEDYさと、クロスバイクのタフネスを融合し、誰にでもスポーツバイクの楽しさを味わえます。2010年は、ビビッドなグリーンも加わりました。

 

 




Newブランド「im」(アイム)の登場です

im(アイム) ROAD(ロード) 69,800円(完成車)
 InterMaxから全く新しいコンセプトを持つバイクが登場します。その名はim(アイム)。
“ROAD” ”FIXED” ”VELO”、全く異なる3タイプのバイクに共通しているコンセプト、それはいつも隣にバイクのある生活。imシリーズが、あなただけのバイクライフのお手伝いをします。
 サイクルモード会場にはim全カラーを展示。“imカタログ”もサイクルモードでご用意しています。

 

im(アイム) FIXED(FIXED) 49,800円(完成車)
im(アイム) VELO (ヴェロ) 49,800円(完成車)

 

 

 




トップライダーと共に進化を続けるプロロゴ

NAGO EVO NACK 23,800円
 トップライダーからのフィードバックが製品作りに生かされるプロロゴ。その中でもプロライダーの使用率の高いモデルが、このNAGO EVOシリーズ。フラットな形状はサドル上で腰を安定させ、厚さと密度を変えたパッドは、快適性を損なわずに効率的なペダリングを可能にします。 
 NACK(ナック)と呼ばれる軽量カーボンレール採用モデルも、2010年はお求めやすい価格で登場するのでこちらも要チェック。今中もNAGO EVO NACKを使い始めました。


NAGO EVO TS 15,800円

 

 






スタイリッシュでクールなMETの新作

METの新作フォルテ 11,800円
 クーリング性能を追求するイタリアンブランドMETから、スタイリッシュなヘルメットが登場。インモールド成形された上級モデルに匹敵する仕上げと、スピードを予感させるデザインはMETならではの秀逸なものです。そして何と言ってもこのモデルの最大のポイントになるのが、その豊富なカラーと価格。全8カラーが11,800円で登場するフォルテは、2010年注目モデル間違いなし!(2010年4月発売予定・車連公認予定)

 

 

 




伝統のイタリアンブランドCASTELLI

マナッジアジャケット 42,800円
 サソリがトレードマークのカステリは30年以上もサイクルウェアを作り続けてきた老舗のイタリアンブランド。これまでにも数々のチャンピオン達にウェアを供給し、現在もサーベロ・テストチームと共に、日々開発を進め新作をリリース。今シーズンのフラッグシップは、モーターサイクルウェアを連想させるマナッジアジャケットです。まずはそのデザインが注目されがちですが、その機能性も折り紙つきです。デザインのアクセントになっているギャザー部分が、ライダーの動きをサポート。高い保温性と、透湿性能は真冬でも快適なライディングを可能にします。
 またネオプレーン素材に大きなサソリマークが印象的な、ディルビオグローブディルビオシューズカバーは、サイクルスポーツ12月号で非常に高い評価を受けました。

 

 

ディルビオグローブ 6,800円
ディルビオシューズカバー 7,800円

 

 

 





NWのシューズは日本人の足型にもジャストフィット

鮮やかなブルーの新色 エアライト3 31,800円
 ノースウェーブの最大特徴は、ズバリ、日本人の足にしっかりとフィットする点。「買った物をその日からレースで使える」と選手たちから評価を受けるなど、やさしく、しかもしっかりとフィットします。
 『ゴールドハンド』との異名を持つ靴職人サンテ・ポローニの製作したラスト(足型)から生まれるNWシューズは、千差万別な足型に対応するために改良を重ね、現在では世界50カ国で愛用される人気ブランドです。

 トップアスリートへの製品提供と、妥協のない靴職人の情熱から生まれるNWシューズを、ぜひあなたも体感して下さい。



▼2009.11.21
明日『2009ジャパンカップ』を放送!BSフジ

 サクソバンクやリクィガス、ケースデパーニュなど、世界トップクラスのプロチームが来日してロードファンを熱狂させた『2009ジャパンカップ』。その激戦の様子を余すところなく収録した番組が、明日のBSフジで放送されます。
 レースのカギを握ったフォイクト達のアタック、勝利を目指したラストラスやコーボの渾身の戦い、ツールで大活躍して凱旋した新城幸也の走りなど、見所いっぱいの番組です。実況解説は白戸太郎さんと今中大介。ロードファン必見の番組です!


  BSフジ 『2009ジャパンカップ』 11/22(日) 13:00-13:55


BSフジのWebサイト
http://www.bsfuji.tv
2009ジャパンカップ 今中大介の報告
http://www.intermax.co.jp/news
2009ジャパンカップで世界のトッププロがバトル
http://www.intermax.co.jp/news




阪急百貨店メンズ館×サイクルモード コラボ企画開催中!

サイクルモード

 

 

 

 いよいよ間近に迫った「サイクルモード」。
その開幕を前に大阪・梅田にある阪急百貨店メンズ館が、サイクルモードカラーに染まっています。
<Hankyu MEN'S × CYCLE MODE「Vento 風をきる」>と題して開催されているこのイベントでは、今話題のバイクやウェアなどがご覧頂けます。

 

 

 インターマックスコーナーでは、KUOTA KOMInterMaxスクアドライタリアMETカステリノースウェーブなどを展示中。
11/24までの開催となりますので、近くにお立ち寄りの際は覗いて見て下さい。

<Hankyu MEN'S × CYCLE MODE「Vento 風をきる」>
http://www.cyclemode.net
サイクルモード2009
http://www.cyclemode.net




「CYCLE MODE しまなみアイランドライド」を放送

サイクルモード

 

 

 

 自転車で渡れる唯一の本四架橋、しまなみ海道を巡るイベント「CYCLE MODE しまなみアイランドライド」の模様がテレビ放送されます。
瀬戸内海の島々を巡るこのイベントは、脚力別に3つのコースが設定され、初心者の方から上級者まで存分に楽しめるイベントでした。

 中級から上級向けのコースは尾道〜今治を往復。最長のコースは往復で約150kmもあり、秋晴れの一日を今中も参加の皆さんと一緒に楽しんだようです。

番組タイトル:「絶景!しまなみ海道 自転車縦断72キロ」

放送日時
 11/23(月・祝) 9: 00〜9:55  テレビ大阪 
 11/23(月・祝) 15:59〜16:53 BSJAPAN
 11/25(水)   25:48〜26:42 テレビせとうち

※地域によって日時が異なりますのでお気を付け下さい。

サイクルモード2009
http://www.cyclemode.net
サイクルモード しまなみアイランドライド 
http://www.tv-osaka.co.jp




「Bike Mug Messenger」が街を駆け抜けました

T-serv バイクメッセンジャーのT-servと、ネスカフェがコラボした「Bike Mug Messenger」が街を駆け抜けました。
 メッセージの書かれた大きなマグカップを背に、METシンセシスを被ったメッセンジャーが都内に出没!一度見かけたら絶対に忘れられないそのスタイルは、東京の街中でも注目度抜群でした。

T-servとネスカフェのコラボは終了していますが、こちらのサイトで「Bike Mug Messenger」の姿をご覧いただけます。

ヘルメット:METシンセシス





▼2009.11.16
METサポートの沼尾ひろ子さんとRENさんのWeb変更

 

 女性ながら一人で輪行バックをもって、国内のさまざまな島々を巡ってしまう沼尾ひろ子さん。先週も韓国の済州島に行かれたようですが、こうした旅の記事がサイクル誌に登場することも多く、注目が集まっています。その沼尾さんのブログのアドレスが新しくなりました。
 また、ロードバイク好きのファッションモデルとして、自転車専門誌や「モノマックス」といった生活情報誌に登場しているRENさんのブログも変わっています。InterMaxサポートページ上でも変更していますので、どうぞご覧下さい。

 




▼2009.11.15
新婚の安田団長夫婦が箱根峠にチャレンジ

 今年の8月にロードバイクで大阪→東京550kmを走ってプロポーズした安田団長。その後、めでたく結婚に至ったことが各メディアで話題になりました。奥様になった岩田さちさんには、婚約自転車が渡されていて「いつか一緒にちゃんとしたサイクリングをしたいなぁ〜」と言われていましたが、つい先日、団長から「あの思いでの箱根峠に夫婦で上りましたよ〜」と嬉しい連絡が、今中のもとにありました。
 箱根といえば、あのプロポーズ大作戦の際にも、成功するか否かを左右した峠。そんな厳しい峠をロードバイク乗りたての奥さんと一緒に上るなんて尋常じゃありません。が、しかし奥さんの岩崎さちさんもTV番組のリポーターをされているタレントさん。いざというときには根性がありますね・・。



この様子が週明け月曜日の『やりすぎコージー』で放送されます


 そんな夫婦のチャレンジの様子が収録されていて。お笑い芸人の今田耕司さんや東野幸治さんらが出演するバラエティ番組「やりすぎコージー」で放送されます。放送をご覧になられる方はどうぞお楽しみに!

  放送日時:11/16(月) 午後9:00-10:00 テレビ東京

テレビ東京の『やりすぎコージー』
http://www.tv-tokyo.co.jp
安田大サーカス 団長安田さんのブログ
http://ameblo.jp/dancho-yasuda
岩田さちさんのブログ
http://ameblo.jp/citrine-sachi
団長安田さん大阪→東京プロポーズ大作戦
http://www.intermax.co.jp/news




METサポートの上田藍、ITUワールドカップ最終戦ウアトゥルコ大会優勝

 先週末、トライアスロンのワールドカップ最終戦で見事優勝した上田藍選手。本人の報告によると、このメキシコのウアトゥルコで行われたレースは、バイクパートに15〜18%の激坂が含まれていたようで、非常に厳しい展開になったようです。
 優勝の行方が3人に絞り込まれたランでは、自らスパートして会心の勝利!シーズン最後を素晴らしい戦いで締めくくりました。





上田藍選手優勝のハイライト映像をご覧いただけます


 映像を公開しているのはITUのホームページ。上田選手の感動のゴールを含んだレースハイライトを見ることができます。
「9 Nov 09 - 2009 Huatulco Women」を選択してご覧下さい。
http://www.triathlon.org/multimedia

《ウアトゥルコ大会 女子エリート結果》

  1位
2位
3位
4位
5位
6位
 上田 藍
 Helle Frederiksen
 Jessica Harrison
 Rebecca Robisch
 Yuliya Sapunova
 Line Jensen
JPN
DEN
FRA
GER
UKR
DEN
02:12:47
02:13:13
02:13:29
02:14:11
02:15:41
02:16:00

シャクリー・グリーンタワー・稲毛ITCのWebサイト
http://www.keiyo-isc.org
上田 藍選手のWebサイト
http://www.keiyo-isc.org/ai
InterMaxサポートページ "トライアスロン"
http://www.intermax.co.jp/news




▼2009.11.4
2009ジャパンカップを振り返って 今中大介

2009ジャパンカップ ヨーロッパの強豪が来日したジャパンカップ。熱狂的なロードファンの皆さんは、会場に足を運びWebなどでチェックして、レースを堪能したことでしょう。
チームランキング2位のケースデパーニュを筆頭にしてサクソバンクやリクィガスがエース級の選手をそろえてやって来て、彼らのプライドを賭けてヨーロッパの地方レースとは桁違いの本物のレースを繰り広げてくれたことは、ジャパンカップのステータスの高さを物語っています。そんな中でプロツアーチームのエースとして走り、ヴィスコンティと共に終盤に打って出た新城幸也選手。最後は力尽きたものの、死力を尽くした戦いは見事でした。世界のトップを相手に9位に入った鈴木真理選手の実力も大したものです。
レースが終わった夜の夕食では、ラストラスらケースデパーニュの皆が気を使ってくれて、スペインから持ってきたワインやスパイシーなサラミをご馳走してくれましたが、その場に居たフジ・セルベット勢もすごく親しみを持って接してくれたのが本当に印象的でした。握手しながら「来年も来てよ、きっとだよ!」と声をかけながらテーブルを周りましたが、ホアキン・ロドリゲスもファンホセ・コーボもダビ・デラフェンテも皆が皆、これ以上ないくらいの笑顔で「大丈夫さ、絶対にくるからね」と口々に言ってくれたことは、僕にとっても大きな宝になりました。 
レースが終わって少々時間が経ってしまいましたが、僕もようやく報告を書く時間ができたので、自分で撮った写真を織り交ぜて、その興奮の2日間を振り返ってみたいと思います。 


 来日翌日の金曜日には、バッソやアニョリ、カールストロームといった選手を送り込んできたリクィガスのメンバーと一緒に、日光東照宮に行ってきました。ペースは行きも帰りも時速34km程度。レース前の調整ペースは今も昔も変わりません。






 バッソが「カフェってないの?スターバックスとか」と言うので辺りを探しましたが、さすがに日光にはスタバはありません。駅前付近でようやくコーヒー店を見つけて立ち寄りました。「店長さん、すみませんが濃い目のコーヒーを出していただけますか?」とお願いして、エスプレッソっぽい味にしてもらいました。
僕が飲んだカプチーノは結構いけてましたよ。バッソも満足気。

 
 日光街道は歴史を感じさせる並木がいいですね。途中、ケースデパーニュやフジ・セルヴェットのチームともすれ違いました。東照宮に参拝するのは恒例行事のようなもの。余談ですが、ロード選手は抜群のスピード感を持っている者が多いので、だいたいスポーツカー好き。ちょっと気合が入った日本車を目にするたびに「トウキョウ・ドリフトだ!」と子供のように騒いでいました。

 

 レース前日の土曜日のオープニングフリーランにやってきたフォイクト、ラーション、それに優勝することになるクリス・セレンセンといったサクソバンク勢。雑誌や画面でしか見たことがないというファンは大興奮。しばらく皆さん遠巻きでしたが、気軽にサインをねだっても構いません。度を過ぎるといけませんが、愛想良く頼むと、概ねにこやかに応じてくれます。ファンに近いのがロードプロの良さ。



 オープニングフリーランを走られる皆さん。どのイベントも大盛況で、中には次のチャレンジレースのアップ代わりにこれを走るという方も・・・。イメージキャラクターの大出千尋さんやチャリジェンヌ、JALのスチュワーデスの皆さんも頑張っていましたが、最大勾配が14%以上あるのに、けっこう女性が多いのにはビックリ。




 翌日の本番で山岳賞を取ることになる廣瀬佳正選手(元 スキル・シマノ)を始め、Jサイクルツアーで2勝をあげた長沼隆行選手らブリッツェンのメンバーも、地元宇都宮のレースを盛り上げました。
 
 
 フリーランを走るサクソバンクと。参加した皆さんはプロとの走りを楽しみましたか?
PHOTO cyclowired
 



 土曜日のオープンレースの解説を終えたところで片山右京さんから呼ばれてチームテントに行ってみると・・・なんとそこにはインターマックスカラーのレーシングスーツが!こっそりと作ってくれたんだそうです。「ルマンにも出られる本物だよ」と右京さん。本当に嬉しいプレゼントでした。
 
 レース会場でたこ焼きの屋台を出した安田大サーカス。団長のトークショーに、ソースとつま楊枝で”たこ焼き頭”をしたクロちゃんが登場して会場は大爆笑!HIROくんの膝に座った僕の姿は微妙ですが、愉快な二人に囲まれて、チームプレゼンテーションの緊張がほぐれました。たこ焼き、本当に美味かった!団長はロードレースが大好きなだけに2日間ともサービス精神満点で大活躍。お疲れ様でした。

 土曜日は市内のオリオンスクエアでもオープニングイベントが開催され、大勢のファンで埋め尽くされました。右京さんが「あれ?衣装がいつもと逆じゃん。僕がインターマックスのジャージで今中さんがコート!?」と首を傾げる場面も。翌日ブリッツェンのチームカーを運転する右京さんは「F1のモナコのスタートより緊張する」と会場を沸かせていました。実際にハプニング続出だったそうです。司会はご存知、絹代さん。


 チームプレゼンテーションで人気だったケースデパーニュ。世界選手権3位のホアキン・ロドリゲスに注目が集まりましたが、レースでは向かって右のモレーノ(ロン毛の選手)が2位に入る大健闘。バルベルデを総合優勝に導きながら自身も総合11位ですから、本気で走るとメチャクチャ強いです。 
PHOTO cyclowired



 レース当日の天候は肌寒い曇り模様でしたが、会場は超満員の観客でごった返しました。スタート間もなく名所の古賀志林道の頂上も規制が入るほどの凄い状態。ロードレース人気は高まる一方ですが、ジャパンカップはその象徴です。




 ラスト3周の終盤、田野の交差点からフォイクトらがアタックして集団がズタズタに分断されました。近年、決定的な動きは鶴カントリークラブと古賀志林道の2段階の上りを利用して行われていたので、隙を突いての一撃がこれほどまでにレースを左右するものになるとは、僕も想像していませんでした。これによりバッソがまさかの脱落です。



 解説ブースです。3台のモニターは、途中通過順位やタイム差を表示するもの、オーロラビジョンの映像、それに各ポイントの固定カメラ映像などが映し出されるんですよ。実況はJ SPORTSのレース中継でもおなじみの白戸太郎クン。




 表彰台の中央に立ったのはサクソバンクのクリスアンケル・セレンセン。今年スイスで行われた世界選手権で13位になっているだけあって、勝ちを狙っての終盤の走りは圧巻でした。2位のモレーノや3位のサンタロミータは控え室でがっくりしていました。そんな表情を見せるのも、彼らが本気で戦ったからこそ。日本のファンにとって夢のような空間を与えてくれるジャパンカップ。来年も楽しみです。



 

ジャパンカップ オフィシャルWebサイト
http://www.japancup.gr.jp
シクロワイアードのWebサイト
http://www.cyclowired.jp
宇都宮ブリッツェンで選手登録した片山 右京さんのブログ
http://ukyo-katayama.cocolog-nifty.com
「団長安田の自転車男」ブログ
http://ameblo.jp/dancho-yasuda
オリオンスクエアーのMC、ラジオのライブ放送を担当する絹代さんのブログ
http://hurray.kinuyoworld.net
2008ジャパンカップ今中大介の報告
http://www.intermax.co.jp/news
2007ジャパンカップ今中大介の報告
http://www.intermax.co.jp/news




▼2009.11.3
トライアスロン日本選手権を放送

 北京五輪代表の井出選手が2連覇を達成した、トライアスロン日本選手権東京港大会の模様が、NHK BS1で放送されます。チームメートの足立選手も2位に入り、トーシンパートナーズチームケンズがワンツーフィニッシュ、3位には稲毛ITCの上田藍選手が入りました。
 男子では、優勝候補の一角に挙げられていた、稲毛ITCの細田雄一選手が3位でフィニッシュしました。



大会の放送時間は下記の通りです。

放送局:NHK BS1
 放送日: 11月3日(火・祝)
 15時10分から16時 女子
 16時10分から17時 男子


井出樹里選手所属 トーシンパートナーズ Team Ken's Webサイト
http://www.teamkens.co.jp
上田 藍選手のWebサイト
http://www.keiyo-isc.org
細田 雄一選手のブログ
http://blog.yuichihosoda.com
InterMaxサポートページ "トライアスロン"
http://www.intermax.co.jp/news




▼2009.10.22

2009ジャパンカップで世界トッププロがバトル! 今週末
強豪のプロツアー5チームが参戦、合計13チームの白熱した戦いは必見

2009ジャパンカップ  世界の走りを間近で観戦できるアジア随一のレース”ジャパンカップ”が、今週末の10月24日(土)25日(日)に宇都宮市森林公園周回コースで開催されます。
今年はチーム世界ランキング2位のケースデパーニュ、4位のサクソバンク、5位のリクィガスといった世界の強豪5チームが参加することになり、年々人気が高まっているジャパンカップがさらにヒートアップすること間違いなし!
昨年クネゴとの真剣勝負に臨んだイヴァン・バッソ(リクィガス 06ジロ・デ・イタリア覇者、今年のブェルタ総合4位)も来日して、日本期待の星、新城幸也(ブイグテレコム)らと本気の戦いを繰り広げます。20日に発売された「チクリッシモ」のインタビューでは、バッソがジャパンカップの重要性を語っていましたが、彼は古賀志林道の急坂で勝負をつけるべく特別な準備をしてやってくることでしょう。今中は2日間、会場でレース解説をするほか、片山右京さんとのトークショー、熱狂的なファンがあつまるチームプレゼンテーションなども担当します。

《今中大介のジャパンカップ注目選手》
 優勝を狙うバッソを擁する”リクィガス”以外でも注目選手が目白押しです。

ファンと走るオープニングフリーランにやってきたバッソ。今年もこのフリーランに参加します

 ”ケースデパーニュ”からは今年のブェルタで総合7位に入り世界選手権で3位になったホアキン・ロドリゲスや、3大ツール全てで区間優勝しているパブロ・ラストラス、ブェルタ総合11位のダニエル・モレーノらが参戦。
また、”サクソバンク”からはドイツ1周やクリテリウムインターナショナルで何度も総合優勝し、ツールやジロでも区間優勝しているお馴染みのイェンス・フォイクト、世界選手権T.T.で2位のグスタフ・ラーション、今年のツールで区間優勝したニキ・セレンセンらがやってきます。
過去に唯一ワールドカップレースになった1996年のジャパンカップの覇者ジャネッティー率いる”フジ・セルベット”も、ブェルタの山岳ステージで優勝し総合でも10位、直前のロンバルディアでも9位に入ったファンホセ・コーボ、ツールやブェルタの山岳賞を果敢に狙うことで有名なダビ・デラフェンテらが、チームの威信をかけてジャパンカップを戦うことになるでしょう。

迎え撃つ日本勢も、今年のツールで区間5位に入り、世界選手権で200kmもの大逃げを成功させた新城幸也選手が、”ブイグテレコム”のエースとして登場!日本のファンの期待が集まります。また日本ナショナルチームとして参加する土井雪広選手(スキルシマノ)は、昨年2位に入ったジョバンニ・ヴィスコンティ(ISD 今年も優勝候補)の終盤のアタックに唯一付いて行った選手だけに、今回も何か一発やってくれそう。今年発足したばかりでJサイクルツアー・チームランキング3位と大健闘の”宇都宮ブリッツェン”も、地元のレースだけに気合が入っています。

《チームプレゼンテーションなどのイベントも必見!》

レース前日の24(土)もイベントが盛りだくさん。森林公園のコースではプロ選手たちと一緒に走ることができる”フリーラン”や、実業団登録するほどのロードレース好きの片山右京さんも参加する”チャレンジレース”、Jサイクルツアーに参戦している若手選手を中心に熱戦が展開する”オープンレース”も開催します。
宇都宮市街地のオリオンスクエアでは、著名人によるトークショーを行うほか、昨年ファンが大挙押し寄せて話題になった”チームプレゼンテーション”も、熱狂の渦の中で盛大に行われます。

☆全国からファンが集まるジャパンカップは、遠方から駆けつける価値があるロードファン必見のビックイベントです。まだ今週末どうしようか迷っている方は急いで計画を立てましょう!

   オープニングイベントの詳細はこちら

 
 2009JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE

10/24(土)

 宇都宮森林公園周回コースイベント
10:00開始
〈オープニングフリーラン〉〈チャレンジレース〉〈オープンレース〉 
   宇都宮オリオンスクエアオープニングイベント



11:00開始



〈ウイラースクール・子供自転車教室〉
〈17:00〜安田大サーカス団長・大出千尋トークショー〉
〈17:45〜片山右京・今中大介トークショー〉
〈18:30〜チームプレゼンテーション〉など
10/25(日)  宇都宮森林公園周回コースイベント 10:00スタート 〈2009ジャパンカップ サイクルロードレース〉
 
JR宇都宮駅東口からシャトルバスが運行


25日(日)は会場まで最短で結ぶシャトルバスが運行されます。通常のバスでは、バスを降りてコース上を30分ほど歩かなければならないので、JRで来られる方は便利なシャトルバスをおすすめします。

アクセスの詳細はこちら


インターマックスブースでは2010最新バイクを展示

現在、全国のショップ向けに2010年のアイテムをそろえた展示会を開催していますが、その最新のロードバイクやグッズをサイクルモードを前にして、いち早くジャパンカップの会場でもご覧いただけるように準備をしています。「今中大介ユーロバイクリポート」で報告した中で特に注目の商品を展示するほか、イベントならではの即売品もありますので、会場に来られる皆さんはどうぞお立ち寄りください。

ジャパンカップ オフィシャルWebサイト
http://www.japancup.gr.jp
宇都宮ブリッツェンで選手登録した片山 右京さんのブログ
http://ukyo-katayama.cocolog-nifty.com
「団長安田の自転車男」ブログ
http://ameblo.jp/dancho-yasuda
オリオンスクエアのMC、ラジオのライブ放送を担当する絹代さんのブログ
http://hurray.kinuyoworld.net
2008ジャパンカップ今中大介の報告
http://www.intermax.co.jp/news
2007ジャパンカップ今中大介の報告
http://www.intermax.co.jp/news




Tarzanは自転車特集号

Tarzan ”ターザン”が満を持して年に1度企画する自転車特集号が、全国の書店で好評発売中です。編集長がロードバイク好きなだけあって「最速、超ゴキゲンのフィットネスマシン 自転車」と題して、徹底的に自転車の魅力を紹介。この時期ならではの2010年イチオシ自転車やグッズをカテゴリー別に見ることができるほか、フィットネス情報誌らしい企画がいっぱいなのも魅力!自転車でどんなふうにライフスタイルが変わるか、自転車が体にいい理由など、ターザンならではの様々な視点から仕上げた渾身の一冊。

☆イケメンで注目の中山卓士選手や廣瀬佳正選手、美人女子トップライダーのCISAKOさんら宇都宮ブリッツェンのメンバーが、ライディング記事に全面的に協力。表紙はロードバイク好きの大友克洋さんのイラストです。



今中が走ったエタップ・デュ・ツールの記事
&特別インタビュー「日の丸が消えた、空白の13年間」

 ツールの山岳区間を走る市民レース『エタップ・デュ・ツール』を走った今中や大田原編集長、ジャーナリストの菊地武洋さん、ラファの矢野さんら4人。”魔の山”モンバントゥー(標高1912m)をゴールとする、この過酷なコースを出場メンバーはどう走ったのか。ロードイベント好きの方には大いに楽しめるページです。合わせて今中大介特別インタビュー「日の丸が消えた、空白の13年間」も掲載されています。






マガジンハウス『Tarzan』のWebサイト
http://magazineworld.jp
”エタップ・デュ・ツール”今中大介のリポート
http://www.intermax.co.jp/news
ライディングページで取材協力した宇都宮ブリッツェン関連ページ
http://www.intermax.co.jp




▼2009.10.20
Jツアー年間チームランキング 3位 個人ランキングは長沼選手が4位、CHISAKO選手が3位!

BLITZEN
  長沼選手のデビューウィンから始まった、宇都宮ブリッツェンの2009シーズンは、ベテランと若手がそれぞれの持ち味を発揮し、コンスタントにポイントを積み重ね、Jツアー年間ランキング3位という成績を収めました。
個人総合でも長沼選手が4位、CHISAKO選手が3位でシーズンを終了し、初年度としては十分に評価される結果となりました。

そして、いよいよ今週末に地元宇都宮で「ジャパンカップ」が開催されます。
上りを得意とする長沼選手、若手成長株の清水選手、ベテランで地元出身の広瀬選手などの活躍に期待です。

BLITZEN宇都宮プロサイクリングチームのWebサイト
http://www.blitzen.co.jp
2009ジャパンカップサイクルロードレースのWebサイト
http://www.japancup.gr.jp
インターマックスサポートページ
http://www.intermax.co.jp

 

Copyright 1999,2000 InterMax.co.,ltd.&K2H planning.co.,ltd All rights reserved.
このホームページに使用している画像、その他全てのコンテンツはインターマックス、ケードゥーエッチプランニング、及び各メーカーに帰属します。無断使用・転載を一切禁じます。

 

SPINERGY
POLAR
CICLO SPORT
Vittoria
VELOFLEX
SILVA
SCICON
THULE
Ladies Selection