ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

|ニュース|

発売されたばかりの専門各誌の特集内容や、インターマックス関連記事をご紹介します。201704_zassi_001.jpg

◆BICYCLE CLUB
201704_zassi_002.jpg

(c)intermax.co.jp

BICYCLE CLUBの5月号にはSRAM・ZIPPの2017年モデルカタログが付属しています。
SRAMの機械式コンポーネントからRED eTap、ZIPPホイールなどが記載されております。





201704_zassi_003.jpg
(c)intermax.co.jp

P28「NEW MODEL IMPRESSION」でDedacciaiSTRADAの「ヴェルティージネ」が紹介されています。エントリーユーザーでも手の届きやすい価格帯ですが、性能は快適性と軽量性・空力において優れた性能を発揮します。
同じくパーツブランドDedaELEMENTIのスーパーゼロハンドル&ステムをカスタムすると、エアロ効果が最適化され、更なる高みへと昇華させます。





201704_zassi_004.jpg
(c)intermax.co.jp

P241でPOLAR BOTTLEの新商品「Zip Stream」が登場しています。
保冷効果があるポラーボトル。キャップ部分が変更されたこのタイプは、ボトルを上下逆さまにしてもこぼれない構造になっています。







201704_zassi_005.jpg
(c)intermax.co.jp

P243、カステリのTEAM SKYウェアが紹介されています。
2017シーズンからサポートを行うレプリカモデル。
ジャージ、ビブの他にもグローブ、ソックス、キャップなども充実。
機能とデザインが洗練されたカステリ×TEAM SKYウェアです。







◆CYCLE SPORTS
201704_zassi_006.jpg
(c)intermax.co.jp








201704_zassi_007.jpg
(c)intermax.co.jp

P108「最新カーボンクリンチャー21モデル徹底試乗」でZIPPの「303 NSW 、202 FireCrest Clincher」が紹介されています。どちらも空気抵抗が少なきディンプル加工が施され、303NSWにおいては、ハブやブレーキリム面などもブラッシュアップされています。




◆Bicycle Style Magazine
201704_zassi_008.jpg
(c)intermax.co.jp








201704_zassi_009.jpg
(c)intermax.co.jp

P68,69「日常でも映える実力派サイクルウェアの勧め」でカステリウェアが特集されています。イタリアのウェアブランド、カステリから提供される商品は、どれもプロが認める機能性と品質の高さが魅力です。もちろんデザインも本場のデザイナーが1枚1枚こだわりを持って作られています。

201704_zassi_010.jpg

(c)intermax.co.jp










P78「ONE-UP Choice」でMETのヘルメット、SRAMコンポーネント、ZIPPホイールが登場しています。ファッションとしてのロードバイクから、もう1歩踏み出すアイテムが紹介されています。METのエアロヘルメット「マンタHES、リヴァーレHES」やSRAMの優れた軽量性を誇る「RED22、Force22」など。ZIPPからはカラーオーダーも可能で最高峰の空力を実現する「404FireCrest CL」が紹介されています。

201704_zassi_011.jpg

(c)intermax.co.jp


P98「KUOTA  K-ALL ROAD LFS」が紹介されています。悪路でも難なくこなすKUOTA初のグラベルロードです。インパクトのあるカモフラージュ柄のフレームは32Cタイヤまで対応し、ハイエンドモデル「K-UNO」をベースに滑らか走りを演出します。







◆ロードバイク購入完全ガイド
201704_zassi_012.jpg
(c)intermax.co.jp








201704_zassi_013.jpg
(c)intermax.co.jp

P54 オススメサドルではPrologoの「ゼロ?スペース」が登場。同ブランドの窪みがあるパスシリーズより、窪みのアールが柔らかく作られています。女性の方やロングライドする方にオススメです。P55 オススメヘルメットには、METのリヴァーレが登場。エアロ効果、クーリング性能、重量など全ての要素が高水準。カラーバリエーションやバックルの調節幅が広いのもポイントです。




201704_zassi_014.jpg
(c)intermax.co.jp

P56 オススメウェアでは、カステリジャージが紹介されています。袖の部分をメッシュにしたり、薄手の素材で速乾性を高くしたり、用途によって使い分けができるカステリのウェア。本場イタリアでプロ選手のフィードバックを受けながら、最良のウェアを提供します。






201704_zassi_015.jpg
(c)intermax.co.jp

P90 ではKUOTAの「KRYON、KOBALT」の2車種が紹介されています。KRYONは、フロントフォークやダウンチューブがエアロ形状になっており、リムハイトの高いホイールをアッセンブルし、翼断面の専用シートピラーを前後反対に取り付ければ、TTやトライアスロンでも活躍すること間違いありません。
また2車種とも、XXSサイズからラインナップしており、女性の方や背の小さな方でも選択しやすいです。