ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

|ニュース|

 発売されたばかりの専門各誌の特集内容や、インターマックス関連記事をご紹介します。

20160223_bookall.png

 
 
◆ロードバイクインプレッション 2016

20160223_rbi_001.jpg
 

20160223_rbi_002.jpg

20160223_rbi_003.jpg

 P12、13 「AERO ROAD」内でARGON18のNITROGEN PROが紹介されています。専用のステム一体型ハンドルは通常のハンドルと比べ30%もの空気抵抗の低減を可能にするなどエアロ効果をこだわり抜いています。ツールドフランスでBORA ARGON18が使用したモデルでもあります。

20160223_rbi_004.jpg

 P156、157 「2016'sRECOMMEND」内でKUOTAのK-UNOが紹介されています。フォークやシートステイの形状を見直し、より振動吸収性を高めながら剛性感もあるロングライドにオススメのバイクです。
 
 
 
 
◆トライアスロン ルミナ

20160223_lumina_001.jpg
 
20160223_lumina_002.jpg

 P53 「Trinity Gallery」内で、カステリのフリートライITUスーツが紹介されています。水をはじくハイドロフォビックコーティングを施した素材を使用し、背面はメッシュで通気性も確保されているモデルです。
 
 
  
 
◆BICTCLE21

20160223_bc21_001.jpg
 
20160223_bc21_002.jpg

 P39 「2016年新製品&編集部注目 ローラー台ガイド」内でTacxのサトリスマートが紹介されています。スマートフォンやタブレットと連携が可能で、負荷も10段階調節可能な固定ローラーです。今話題のZWIFTも使用可能です。
 
 
 
 
◆ロードバイク・コンシェルジュ2016

20160223_rc16_001.jpg
 
20160223_rc16_002.jpg

 P98にてARGON18の「GALLIUM 」のインプレッションが掲載されています。レースにも対応する剛性感とロングライドを軽快にこなすコンフォート能力を両立したバイクが「GALLIUM」です。

20160223_rc16_003.jpg

P116でARGON18のエントリー、オールラウンドモデル「KRYPTON」が紹介されています。ARGON18の中で一番低価格でありながら、3Dヘッドチューブシステムを導入しています。ハンドルの高さがアップポジションの方も、剛性を高く保てます。
 
 
 
◆BICYCLE CLUB

20160223_bc_001.jpg
 
20160223_bc_002.jpg

 P74のCARBON CLINCHEP WHEELSにおいてVISIONの「METRON40」が紹介されています。風洞実験とCFD解析から生まれたオールラウンドモデルです。絶妙な剛性感があり、40mmハイトながら風の影響を受けにくい形状になっています。


20160223_bc_003.jpg

 P124 YAMAHA YPJ-Rヒルクライムチャレンジ内で、WRの「カーボンサドル」とdedaの「スーパーレジェーラカーボンコンパクトハンドル」、「スーパーレジェーロステム」が紹介されています。カーボンサドルですがしっかりとしたすわり心地で、手が届きやすいお値段です。ハンドル・ステムはdedaで揃えて軽量化を狙えます。