ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

2014年6月アーカイブ

|Updates|

20140630001.jpg

 ツール・ド・フランスの開幕まであと5日と迫りました。
今年は、誰が総合優勝するのでしょうか?寝不足の日々がつづきそうですね。

 そんなツールのイメージカラーといえば、リーダージャージのマイヨジョーヌカラーであるイエローです。
インターマックスでは、そんなイエローのカラーの商品も沢山揃えています。

 イエローカラーの商品をゲットして、ツール気分を盛り上げましょう!
 
ご注文は、お近くのインターマックス商品取り扱い店より、お願い致します。
http://www.intermax.co.jp/shoplist

|新製品のご案内|

 開幕まで、あとわずかと迫ったツール・ド・フランス2014。
大会のオフィシャルパートナーである、le coq sportifより4賞ジャージのレプリカモデルが登場。

 マイヨ・ジョーヌ(個人総合)、マイヨ・ヴェール(ポイント賞)、マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ(山岳賞)、マイヨ・ブラン(新人賞)の4賞のジャージは、今大会のグランデパールとなる、イギリス ヨークシャー地方の、有名なホワイトローズを身頃部分に配したデザインになっています。※マイヨブランはデザイン上、ホワイトローズの透かしは入っていません

 ツール・ド・フランスで、実際に各リーダーが着用するジャージと、ほぼ同仕様のレプリカモデルです。


 ・カラー:YEL,GRN,WRD,WHT
 ・定価:9,500円(税抜)
 

|入荷情報|

 レーシーな走りが魅力のInterMax 「VALBREMBO」が入荷しました。

 「VALBREMBO」の特徴的はハイボリュームかつ、優美な形状から生み出されるのは伸びやかな加速性能。ライダーの入力に合わせて常にリニアな反応を示します。

 トップライダーが必要とするフレーム剛性も考慮し、プレスフィットBBを採用することにより、ハンガー部に接続される各チューブの横幅を広げ高出力のスプリンターも満足させる高剛性を実現しました。
 レーシングシーンで必要とされる最高基準で応えるフレームに仕上がっています。

20140626VALBREMBO_BK.jpg

InterMax VALBREMBO
ブラック×ゴールド
20140626VALBREMBO_gray.jpg

InterMax VALBREMBO
シルバー×ブルー
|イベントのご案内|

20140626005.jpg

 「楽しくなければ自転車じゃない」を合言葉に毎年お台場で開催される真夏の自転車の祭典「お台場サイクルフェスティバル」が、「湾岸サイクルフェスティバル」に名前を変えて今年も開催されます。

|イベントのご案内|

20140424001.png

 今週末、松本市の浅間温泉をスタートする「ツール・ド・美ヶ原」が開催されます。
 このコースの特徴はなんといってもスタート直後から5kmまで続く15%の急坂。「余力を残しつつ後半勝負」という走り方が難しいコースです。ここを如何に克服すべきかその走り方のコツを、今中がステージでお話します。日時は 6月28日(土)14:00-14:30。

|新製品のご案内|

20140626004.jpg

 多くのプロチームをサポートするFSAから耐久性やグリップ力、コンフォート性能に優れた新型の「パワータッチハイグリップバーテープ」が登場!

 ロングライドでも快適なクッション性の高い2.8mm厚。エンボス加工された表面はどんな天候でも優れたグリップ力を確保します。
バーテープの上からでも貼り付けることのできる、耐水性のあるFSAロゴデカール、エンドキャップ、フィニッシュテープが付属。
2013年のジロ・デ・イタリアやパリ?ルーベ等でFSAを使用するチームでテストされました。

 ■カラー:ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、ブルー、グリーン

 ■定価:3,200円(税抜)
 
20140626001.jpg

||

20140626004.jpg

 多くのプロチームをサポートするFSAから耐久性やグリップ力、コンフォート性能に優れた新型の「パワータッチハイグリップバーテープ」が登場!

 ロングライドでも快適なクッション性の高い2.8mm厚。エンボス加工された表面はどんな天候でも優れたグリップ力を確保します。
バーテープの上からでも貼り付けることのできる、耐水性のあるFSAロゴデカール、エンドキャップ、フィニッシュテープが付属。
2013年のジロ・デ・イタリアやパリ?ルーベ等でFSAを使用するチームでテストされました。

 ■カラー:ブラック、ホワイト、レッド、イエロー、ブルー、グリーン

 ■定価:3,200円(税抜)
 
20140626001.jpg

|BLITZENニュース|

20140625001.jpg

 西日本ロードクラシック 広島大会が、広島県中央森林公園のサーキットコース12周(1周12.3km)で開催され、宇都宮ブリッツェン鈴木真理選手が接戦の末、惜しくも2位に入り表彰台を獲得しました。

|コラム|
20140624003.jpg

立山アルペンヒルクライムは急勾配を上るケーブルカーに乗るところから始まります
 6/22(日)に今年で2回目の開催となる"立山アルペンヒルクライム"を参加の皆さんと一緒に走ってきました。
 4月の開通時に毎年全国ニュースに登場する立山アルペンルート。20mを超える雪の大谷が有名で、ずっと以前から「いつか行ってみたいな~」と思っていましたが、その夢が遂に実現することに。
 22.3kmで標高977mから2,450mまで上るこのヒルクライムは、標高差の1,473mという数字だけ見ても日本屈指。平均勾配も6.6%と、チャレンジし甲斐のあるヒルクライムイベントです。
|コラム|

 軽量でホールディングが良いことで好評のNW(ノースウェーブ)エクストリームテック・シリーズ。そのトップモデルのエクストリームテックプラスの詳細をご紹介します。

|ニュース|

 発売されたばかりの専門各誌の特集内容や、インターマックス関連記事をご紹介します。

20140620_bookall.png

|新製品のご案内|

20140613001.jpg


POLAR V650 予約受付中
20140613002.jpg

20140613003.jpg

<発売時期>
当初、7月発売の予定でしたが、10月に発売が変更になります。

<価格>
 ■V650HR ¥36,000(税抜)(心拍センサー付き)  
 ■V650 ¥29,500(税抜)(心拍センサーなし)
 ※HRをご購入頂くと、V650心拍センサーなし+H6心拍センサーより約¥1,000お得!!

|コラム|

koguuu-imanaka.jpg

 文化放送で土曜日の午前中に放送されている玉川美沙さんの番組「ハピリー」。その中のコーナー、「片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu !」に出演してきました。

 2回にわたって放送される内の1回目はすでに終了しましたが、2回目が14日土曜日に放送されます。練習前のひととき、ぜひラジオのチューナーを文化放送(AM 1134kHz)に合わせてみてください。

放送:6月14日(土) 8:05~8:20
   「片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu !」
   文化放送 関東広域AM 1134kHz

番組Web
http://www.joqr.co.jp/tama/radiokoguuu

|BLITZENニュース|

20140609001.jpg

 長野県栂池高原の特設ヒルクライムコース(全長17.1km/標高差1,200m/平均勾配7%/最大勾配10%)で行われた栂池高原ヒルクライムでホセ・ビセンテ選手(チーム右京)が昨年2位の雪辱を果たし、見事優勝を果たしました。2位は増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が表彰台を獲得、3位にはリカルド・ガルシア(チーム右京)選手が表彰台を獲得、Jプロツアー個人ランキングも3位以下を大きく離し1位を守り抜きました。

|新製品のご案内|

20140418006.png

 多くのプロ選手・チームも使用する、エアロコンフォートプラスに、TTバイク専用モデルが登場しました。

■エアロコンフォートプラス
 トライアスロン
 61,200円 (税抜)

|BLITZENニュース|

 5月29日のプロローグから始まり6月1日の第3ステージまで全4戦で繰り広げられた「ツール・ド・熊野」で、チーム右京のホセ・ビセンテ選手が個人総合で2位、チーム総合でも2位を獲得。Jプロツアーランキングでもリカルド・ガルシア選手が首位を獲得しました。

20140604001.jpg

 第1ステージは赤木川沿いの公道コースで行なわれ、1周16.3kmを7周する全長114.1kmの平坦基調のコース。ハイスピードなコースレイアウトですが折り返し地点はコース幅が狭い上にアップダウンが激しく選手を苦しめました。

|コラム|

20140603001.png

2014 Mt.富士ヒルクライム。今年は富士北麓公園のトラックから6,500人がスタート。

 最高の天気のもとで、2014年のMt.富士ヒルクライムが開催されました。
 いつもはウィンドブレーカーやアームカバーを着用して寒さ対策をしているのに、今回は防寒着が必要ないくらいの暖かさ。前日に予報をチェックしてカステリのメッシュインナーと、薄手のアームカバーを着用していましたが、急遽インナーを脱いでスタートラインに並ぶほどでした。今年の2月に大雪に見舞われた富士山。スバルラインは5月まで雪崩の影響などがありましたが、この日は皆さんを歓迎しているかのように、とても美しい姿を見せました。