ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

2013年6月アーカイブ

|ニュース|

 発売されたばかりの専門各誌の特集内容や、インターマックス関連記事をご紹介します。
20130627bookall.png

|ニュース|
20130627013.jpg

 クロスカントリー JシリーズでNORTHWAVEとHOLMENKOL ケミカルをサポートしている、斉藤亮選手(ミヤタ-メリダ)が3連勝中です。
|ニュース|

20130621001.jpg

 ジャーナリストとして日本で最も長くツール・ド・フランを取材されている山口和幸さんが、「ツール・ド・フランス」を執筆されています。

 6月29日に開幕するツール・ド・フランスは、今回の2013年大会で100回目。その世界最大の自転車レースの魅力を、四半世紀に及び取材してこられた山口和幸さんが様々なエピソードを交えて書き綴った一冊。1903年に始まったこの壮大なレースを通じ、フランスや欧州文化の土壌を知ることができるのも、この本の素晴らしいところでしょう。~今中大介~

|ニュース|

20130620001.jpg

 去る6/9(日)に愛知県知多市・常滑市にて「アイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパン」が開催されました。

 この大会で、上田藍選手(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター 所属)が初めてミドルディスタンスに挑戦し、見事優勝しました。

|ニュース|

20130619001.jpg

TeamUKYOがインターマックスに集合してトレーニング開始

今回集まったメンバーは、左から長身のスプリンター大久保 陣、米内 蒼馬、ツール・ド・熊野から加入のウラジミール・ロペス(コロンビア)、クライマーの狩野 智也、インターマックスを着ている土井 雪広、今中、Jプロツアー総合トップのホセ・ビセンテ・トリビオ(スペイン)、逃げを得意とする山下 貴宏、T.T.が得意な阿部 崇之、谷口 正洋、オールラウンダーの島田 義明の11人

 Jプロツアー第7戦の"富士山ヒルクライム"を翌々日に控えた週末、「藤野(TeamUKYOのトレーニング拠点)が天気悪いんでそっち行きます」と土井雪広選手から連絡が入り、急遽インターマックスにチームのメンバーがやって来ました。今回はトレーニングの内容ではなくて、彼らと走るための心構えのお話し。

|ニュース|

20130618001.jpg

 前週の栂池に続いてヒルクライム2連戦となるJプロツアー第7戦 富士ヒルクライムが、6月16日(日)雨の中ふじあざみラインで開催されました。全長11.4kmで標高差は1,200mと日本を代表する激坂として名高い、登坂能力が求められるコース。

|ニュース|

20130610001.jpg
 
 時事通信社のWEBサービス「時事.COM」に今年で第100回を迎えるツール・ド・フランスの特集として、1997年に戦後日本人初出場を果たしたインターマックスの今中大介のインタビューが掲載されています。

|BLITZENニュース|

20130608002.jpg

TeamUKYO

20130608003.jpg
宇都宮ブリッツェン

20130608004.jpg

仁徳陵をスタートゴールとした堺クリテリウムの様子 この数時間後にTOJが第1ステージ・堺T.T.から開幕 6ステージの総距離は581.85km

20130608013.jpg
ツール・ド・熊野も和歌山の南部を駆け巡るUCI公認のステージレース プロローグ+3ステージの総距離は320.6km

 本格的なサイクリングシーズン到来とともに、国内では2つの国際自転車連合(UCI)公認レースが相次ぎ開催され、インターマックスがサポートする片山右京さんのチーム"TeamUKYO"や2012国内ランキングNo.1の"宇都宮ブリッツェン"が、本場ヨーロッパのプロチームを相手に活躍を見せました。
 

|製品情報|

20130603005.jpg

 スポーツサイクルに関しての旬な情報を毎日アップしている、シクロワイアードでTacxのサトリが紹介されています。是非ご覧ください。

|イベントのご案内|
20130603004.jpg


 国内有数の激坂を上るヒルクライムイベント、「ツール・ド・美ヶ原」。 スタート直後に浅間温泉を抜けると日本トップクラスの難コースと言われるほどの最大15%の急勾配が始まります。
コースの距離を短く設定したジュニアの部もあり、幅広い年齢層の方がゴールのある美ヶ原高原を目指します。

|イベントのご案内|
20130603001.jpg


 標高差1200mの那須高原を、宇都宮ブリッツェンや那須ブラーゼンと走れるイベント「那須高原ロングライド」。
那須高原の風景を満喫できる初心者コースや、ヒルクライムに匹敵するほどの標高差の上級者コースまで幅広くコース設定がされています。
 また、エイドステーションも非常に充実しており、100Km走ったのに体重が減っていないといわれるほど。