ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

|ニュース|

 インターマックスがサポートする細田選手、上田選手が世界最高峰の舞台で戦っています。
 
細田雄一選手優勝!
20110629001.jpg

 去る6月26日に愛知県蒲郡市で開催された蒲郡ITUアジアカップで、MET、NWサポートの細田雄一選手(グリーンインター・稲毛インター所属)が優勝しました。

 スタート直後のスイムは先頭より後ろで様子を見て終えるものの、バイクでは難易度の高いコースを先頭集団で引っ張り最後のランへ。ランでは「少しオーバーぎみに走った」と本人が試合終了後語るように攻めの走りを見せ、後続を引き離しそのまま1位でフィニッシュしました。
 次は8月7日に開催される、世界選手権シリーズロンドン大会に参加予定です。
 
蒲群ITUアジアカップ・リザルト
 第1位 細田雄一(グリーンインター・稲毛インター)
 第2位 山本良介(トヨタ車体)
 第3位 ブライス・マクマスター(オーストラリア)

5月から現在までの成績
 5/15  ITUアジアカップソウル大会  3位
 6/5  ITUコンチネンタルカップ天草大会  5位
 6/18  世界選手権シリーズ・キッズビュール大会  16位
 

NORTHWAVE、METが細田選手をサポート
 NORTHWAVEのトライアスロン専用モデル"トリビュート"は走行時のフィット感、ダイレクト感はもちろんトランジットエリアでのタイム短縮まで考慮に入れており、細田選手の足元を支えています。
 クーリング性能を突き詰めて開発されたMETのフラッグシップモデル、"シンセシス"はライダーをオーバーヒートから守ります。

Tribute.jpg

Aerlite3_RD_WHT_BK.jpg

201009met.jpg


 
 
 
 
  トリビュート      エアライト3    MET シンセシス
 
 
上田藍選手7位入賞!
20110629002.jpg

 6月19日にオーストリアのキッズビュールで開催された世界選手権シリーズ・キッズビュール大会で、METサポートの上田藍選手が(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター所属)7位に入りました。
 スタート直後のスイムでは密集した集団から離れるものの、バイクでは第2集団に追いつき体力を温存しながら最後のランへ、先頭集団から30秒差でランスタートし怒涛の追い上げをみせ7位に食い込みました。
 今シーズンの世界選手権シリーズにおいて2度目の入賞となっています、次のレースに期待です。
 
世界選手権シリーズ・キッズビュール大会リザルト
 第1位 ポーラ・フィンドリー(カナダ)
 第2位 ヘレン・ジェンキンス(アメリカ)
 第3位 サラ・グルフ(アメリカ)
 第7位 上田藍(シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター)

5月から現在までの成績
 5/8 ワールドカップ第3戦メキシコ・モンテレー大会   2位
 6/5 世界選手権シリーズ・マドリード大会       50位
 
 
上田選手が使用するMETシンセシス
201008met2.jpg

MET シンセシス


 
 
 
MET シンセシス