ARGON18, Dedacciai STRADA, KUOTA, SPINERGY, SCICON, WR, CASTELLI, MET, SILVA, VISION, STAGES 日本総代理店
InterMax Co.,Ltd.

2010年11月アーカイブ

|ニュース|

201011270011.jpg

 先頃、初めての書き下ろし本「自転車芸人」を出版された団長さん。自ら"坂バカ"を自任されるだけあって、表紙もツールの山岳賞をイメージさせる赤水玉をあしらうなど、自転車好きならビビッとくる一冊です。失敗談やズッコケ話しも満載、今中も対談で登場しています。

|BLITZENニュース|

20101123.jpg

 11月21日(日)に滋賀県高島市マキノ高原で国内唯一のUCI(国際自転車競技連合)登録レース、関西シクロクロス第2戦が開催さました。レースでは、粘り強い追い上げが功を奏し、宇都宮ブリッツェンの小阪光選手が3位表彰台を獲得しました。

|ニュース|

 12月号では各誌2011年モデルのインプレッション記事が多く、インターマックス取り扱い商品も多数掲載されています。発売になったばかりの専門誌でのインターマックス関連のページをご紹介します。

book_all12.png

|BLITZENニュース|

okinawa_02.jpg

表彰台に上がる長沼選手

 去る11月15日(月)に開催された「ツール・ド・沖縄」第2ステージ。
宇都宮ブリッツェンの長沼選手が国内最長210kmで争われるシーズン最後の公式レースで序盤から果敢な逃げを敢行。一時はメイン集団と15分以上の差を開ける走りを見せ、厳しい山岳ポイントを2回とも1位で通過。
自身が駆る「KUOTA KOM(King Of Mountain)」の称号通りの山岳賞を手中に収めました。

|新製品のご案内|

 強度や発色に優れる生地を用いた、オーストラリアのメッセンジャーバッグブランド「クランプラー」から新商品が発売になりました。

crumpler_011.jpg

The Hillman Hunter(ザ・ヒルマン・ハンター) 8,400円(税込)

 トレンドのマイクロモデルとして新登場の「The Hillman Hunter(ザ・ヒルマン・ハンター)」はサイクルモードで先行展示し、小ぶりながらも上位モデルと同等の作り込みで好評を得ておりました。
 

|ニュース|

kondo001.jpg トライアスロンや自転車のエンデューロレースにチャレンジされている近藤真彦さんが、読売テレビの人気番組"情報ライブ ミヤネ屋"に、トライアスロン仕様のタイムトライアルバイクで出演されるそうです。
 芸能活動はもとより、KONDO Racingの代表兼監督として多忙な活動をされながら、ロードバイクやトライアスロンバイクにも乗られている近藤真彦さん。どんな番組になるのか、どうぞお楽しみに!

|新製品のご案内|

エアロチューブで空力特性を向上させた
オートクレーブ成形のスペシャルロードバイク

CORSA-ITALIA-EVO-_BLU.jpg


 
InterMax
CORSA ITALIA EVOLUTION
コルサ イタリア エボリューション
398,000円
(税込) フレームセット

|新製品のご案内|

異次元の加速とヒルクライム性能!
進化を続ける KING OF MOUNTAIN

 
KOM-EVO_BK.jpg

KOM-EVO_WHT.jpg

KUOTA KOM EVO クォータ ケーオーエム エボ
Di2専用 (ケーブル内蔵仕様) 398,000円
(税込) フレームセット
スタンダード仕様       380,000円
(税込) フレームセット

|新製品のご案内|

Dedacciaiテクノロジーの結晶。
勝つために生まれたピュアレーシングフレーム

 
TEMERARIO_red2.jpg


 
Dedacciai
STRADA TEMERARIO
デダチャイ ストラーダ テメラリオ
385,000円
(税込) フレームセット
 
TEMERARIO_GN.JPG

TEMERARIO_RED.JPG

|ニュース|

 4年に一度開かれる、アジアスポーツの祭典「アジア競技大会」。2年後のロンドンオリンピックを見据えて、選手強化の現状や課題を確認する上で重要な大会と位置付けられている今大会のトライアスロン種目において、多くのインターマックスサポート選手が表彰台を獲得しました。
20101116001.jpg

20101116002.jpg

|イベントのご案内|

cm2010001.jpg

 サイクルモード2010インターマックスブース

 サイクルモード東京が幕張メッセで開催され、ポラールと共同で設営されたインターマックスブースは、おかげさまで連日大盛況のにぎわいでした。11/13,14とインテックス大阪でも開催されますが、まずは幕張の様子を報告したいと思います。
 
50台の自転車とサイクルグッズをギュッと凝縮
 
 インターマックスブースの特徴は、約50台の自転車と共に様々なグッズを展示できるようにギュッと凝縮しているところ。
 ブース内はロードバイクや関連グッズ、アパレル、im & nav-u、試乗コーナーなどの大きく分けて5つのパートで構成されていて、「インターマックス」「クォータ」「デダチャイ」「ポラール」「カステリ・NW」・・と、歩きながらブランド別に見ることができるようになっています。
 展示物が多いので、ブース内はかなり入り組んでいて、迷路のように感じますが、探検気分で回ると結構楽しめます。

|ニュース|

Mont-Ventoux.jpg

 このところ自転車の注目度は増すばかり。身近で便利な道具としてだけではなく、スポーツグッズとしても、サイクリングから本格的なロードレースにまで幅広く使われている。
 自転車が誕生してからおよそ200年。シンプルな構造ながら、人間の限られたパワーを生かすために、常に進化を続けた自転車は、機能美が随所にみられる乗り物でもある。知れば知るほどその奥深さを感じる自転車。今回の番組では3つのパートの一つに出演し、僕は「人」と「機械」が融合して見える美しさについて語っています。

|ニュース|

nav-u002.jpg

グリーンのnav-uを装着したim展示試乗車

nav-u001.jpg
これは2画面表示モードで一方にサイクルコンピュータ機能を表示したもの

 ロードバイクトレーニングの連載ページを担当しているビッキーの薦めで、今中もソニーのナブユー NV-U35(実売価格37,000円程度)を使ってみました。

|ニュース|

book01.jpg フォトグラファーの砂田弓弦さんが22年間取材したジロの写真で構成された写真集が発売になりました。
 興味深いのは、その画像のどれもが選手の喜びや悲しみを瞬時に伝えてくることです。添えられたエッセイは臨場感たっぷりで、あたかもその場に居るかのよう。ロードレースを通して生き方を学ぶ、そんな一冊になるかもしれません。 
 
サイクルスポーツ
http://www.cyclesports.jp

|製品情報|

polar_s.jpg 多くのアスリートに支持され、競技とパフォーマンスの向上に大きく貢献するPOLAR。
 指定のPOLAR製品お持ちの方を対象にした、買い替えキャンペーンを期間限定で実施致します。

 期間中に引き取り対象製品からキャッシュバック対象製品へとお買い換えのお客様に、お買い上げ製品に応じて記載の金額をもれなくキャッシュバックします。

 <キャペーン期間>
 2010年11月10日 ~ 12月31日

 <引き取り対象製品>
 プロトレーナーXT、Xトレーナープラス、S710、S710i、S720i、S725X、S625X
 ※本キャンペーンは上記モデルからお買い替えの方のみ対象となります。

 <キャシュバック対象製品とキャッシュバック金額> 
 CS600X、CS600X with Power、RS800CXBIKE N → 8,000円
 CS500、CS500cad → 4,000円

 <応募方法> 
 対象製品に添付されている応募シールを申込書に貼り、これまでお使いの引き取り対象製品とともにキャンぺーン事務局へ送付してください(※送料はお客様負担)。内容を確認後ポラールよりご指定口座にお振込み(2月末予定)します。
※本キャンペーンは製品ご購入後、指定のお手続きによりキャッシュバックするもので、店頭による割引ではありません。

images.jpg

お申込用紙ダウンロード

|イベントのご案内|

cm2010.jpg 
 
 
 
 今年で6回目を数える日本最大級の自転車エンターテイメントショー『サイクルモードインターナショナル2010』が、11/5(金)の幕張メッセを皮切りに東京と大阪で開催されます。
 インターマックスブースでは、2011年の最新のカーボンロードバイクはもちろん、新たに国内導入が決定したパーツやウェアなども豊富に展示。更に昨年大好評だったトークステージを今年も設置し、見ごたえたっぷりの内容で皆さまをお迎えします。

|ニュース|

2010JC2.jpg 
 
 
 
 
 
 今週末から開催されるサイクルモードの準備や取材に追われ、ジャパンカップの報告ができませんでしたが、せっかく写真を撮ってきたのでいくつかアップします。
 
 宇都宮で自転車の世界選手権が開催されたのが1990年。僕がアマチュア選手として、ようやくナショナルチーム入りした頃です。その当時、国内でヨーロッパのプロ選手を間近に見ることができるのは、シマノ・グリーンピア(現:シマノ鈴鹿)の招待選手ぐらいでしたから、プロが大挙してやってきた世界選手権は、まさに夢の世界。それ以来約20年間ジャパンカップを開催しているんですから、ロードバイク乗りにとって、宇都宮は特別な場所です。